Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

Liberty: Betsy  (限定 ネオンカラー) 


DSC_0417.jpg


蛍光カラーのBetsy

写真ではちょっと見にくいのですが、鮮やかなネオンカラー。


DSC_0426.jpg


Libertyの花柄ショートパンツシリーズを作りたくて選んだ柄の一つなのですが、思い描いたとおりのかわいさ。

夏の日差しにも負けないくらいのインパクトなのですが、悲しいかなスイスはずっと雨続き......。


DSC_0430.jpg


毎日のようにショートパンツの研究をしているのですが(笑)生地によってイメージがガラッと変わるのがすごく楽しい。

私のやってみたいことの一つは、色んなLibertyで同じデザインのショートパンツをいっぱい作って、白い壁に展示してみること。

そんなにたくさん作っても仕方ないんだけど、その光景は圧巻だと思うんです。

そしてその一枚一枚が世界中のお客様の手元に届き、その土地の風景に馴染んでいくのを想像するとわくわくする。


                     にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: -- | edit

ペパーミントグリーンのマリンショートパンツ 


DSC_0385.jpg


爽やかなペパーミントグリーンのショートパンツに、真っ白なリボン。

青い海、白い砂、舞い踊るかもめ.....そういうのが似合うお洋服を作ってみました。


DSC_0370_201407062100053d2.jpg


前回のマリンショートパンツの進化版です。 こちら→☆

ポケットをつけて、フェイクの開きみせ。 ベルト通しもつけました。

ベルト部分は、ウエストの後部分だけにゴムを入れるパターンにしたので、前からの表情がとてもすっきりし、本格的な仕上がりに見えます。

そしてベルトは前で結ぶ仕様にしたのですが、これが良いやら悪いやらで.....。

雰囲気はいいのですが、トイレに行きにくいという問題が発生。

こどもの服って本当に難しいです。


話は変わるのですが、この生地、息子が生まれたときに作ったスリングの生地なのです。

息子が生まれたときのことを思い出しながら、懐かしい気持ちで縫いました。

それももう8年前の出来事。

今度はその残りの生地が、こうして娘のお洋服となりました。



                     にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

リボンのマリンショートパンツ 


DSC_0314.jpg


女の子のショートパンツが好きです。

冬の間隠れていた膝小僧がやっとお出まし。


DSC_0341.jpg


ブルーのコットン生地。  近くで見ないとわからないくらいすごく細かいストライプが入っている。

男っぽくなく、かといって女っぽくもないしゃきっとしたこの色と手触りがいい。


DSC_0332.jpg


夏らしく爽やかな白いドット柄のリボンをつけました。

つけてから後悔したのは、なぜベルトにしなかったのかということ。

今晩、修正しよう。

でも、このブルーと白の組み合わせはすごく好き。

ストライプとドットの組み合わせも。


                     にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

ヨーヨーキルトのブラウス 

DSC_0246.jpg


先日から映画を見ながらちくちく、おしゃべりしながらちくちく、こどもたちと遊びながらちくちくしているヨーヨーキルトなんですが、隙間時間を活用している割には大量に出来てしまいました。
こちらがその記事→☆

5Lの果実酒用のガラス瓶では間に合わなくなり、今はこどもたちのパジャマ入れを借りています。

友達とお喋りしながらちくちくしてると皆から、何を作るの?と聞かれるのですが、うーん、何を作ればいいんだろう。

あくまで捨てられない生地の処理.....。


繋げてネックレスにしたらかわいいなぁ、と思うのですが強度もないし重さもない。 じゃぁ、どうしよう。

閃いた! フェイクにしてみよう。

ちょうど娘に作った綺麗なブルーのブラウスがある。

ポイントになるように色んな柄を組み合わせて繋げてみる。

端っこは首周りで止めて、あとはゆらゆらゆれるようにしよう。

そうしたほうがよりネックレスっぽいよね。


捨てそうになった生地が可愛く生き返った瞬間。 嬉しいなぁ。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ





trackback: -- | 本文: 0 | edit

Liberty: Milla  おでかけ 

写真<


今年初めてのサンダル。

うすピンクのかかとがちょっとだけ出てるのが愛らしい。


日曜日はセントバーナード犬、バリーの回顧展を見に行く約束をしていた。

お出かけするときに新しいサンダルをおろすって決めていたから、うきうきしながら履いたのに.....

美術館は祝日で閉館。

バリーに新しいサンダル、見てもらえませんでした。


                      
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ









trackback: -- | 本文: -- | edit

Liberty: Milla 

DSC_0202.jpg


ワトソン紙に色んな色のクレヨンで線を引いたような、この雰囲気が好き。

柄を生かしたかったから、ちょこんと肩に乗るキャップスリーブにちょっと長めのチュニック。

ワンピースとしても着られるし、ジーンズと合わせると抜群にかわいい。

今年の夏は着るものがたくさんなのに、身は一つ。 

困ったなぁ。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

デンマーク刺繍 


DSC_0170.jpg


もう何年も前の話。

デンマークに暮らしていたことがあるお友達の家で見せてもらった刺繍。

微妙に違う素朴なトーンの色使いで、自然や日常の生活風景が刺されている。

なんてかわいらしく、温かみのある刺繍なんだろう。

私はすぐに虜になったものの、まだ小さいこどもに手がかかりきりで自分に余裕がなかった。

でもいつか、やってみたい。

心の中でわくわくする想いが膨らんでいった。



そして月日がたち、やっと準備が整った。

記念すべき最初の作品は、息子と選んだ赤い木の実。

試行錯誤しながら自己流でなんとか仕上げたけど、反省点は多すぎ....。


DSC_0175.jpg


私の師匠からもらったデンマーク刺繍のモチーフの本と、大好きな友達のお店のチョコレートの箱。

これが今の私の必需品。

箱の中身は.....

DSC_0177.jpg


花糸と呼ばれる刺繍糸。

艶がなく、とても自然な色合い。 美しすぎる。 見てるだけ幸せ。


DSC_0173.jpg



そしてこれが師匠の作品!

プレゼントにいただいたのですが、かわいすぎて未だにどうにもできない(笑)

額に入れたいと思いながら、この作品にぴったりのものにまだ巡りあえず....。

デンマークらしく、アンデルセンの童話がモチーフになっています。


刺繍の楽しみを知ってしまったので、しばらくこっちの世界で遊ぶことになりそうです。

そういえば、隣で見てた息子もやってみたくなったそうで、なにやら製作中。

面白いものが出来そうですよ。



                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

ヨーヨーキルト 

DSC_0154.jpg


捨てられない私は、夜な夜な端布でヨーヨーキルト作り。

映画を見ながらちくちく。

こどもと遊びながらちくちく。

もう何にも使えない小さな小さな生地たち。 思い出がたくさんつまってるからやっぱり捨てられない。

新しい何かに生まれ変わるまで、もう少し待っててね。


DSC_0159.jpg


それにしてもヨーヨーキルとって見てるだけでもかわいい。

まるで甘い甘いメレンゲのお菓子みたい。 ぎゅっとしたらつぶれてしまいそう。

梅酒をつける大きなガラス瓶にぽいぽい放り込んでいったら、もう半分くらい埋まってしまった。

まだまだ生地は残っているのに。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

trackback: -- | 本文: -- | edit

Liberty: Tresco 販売のお知らせ 

DSC_1352.jpg


Liberty Trescoで作ったブラウスの撮影が終わりました。

袖口のパフの膨らみ方、襟ぐりの開き、こだわりにこだわりぬいてできた自信作です。

リバティ生地が生きるシンプルで無駄のないデザインだからこそ、シルエットやディティールを大切にしたい。

ちょっと時間がかかってしまったけど、春に間に合いました。


DSC_1289.jpg


以前のブログにも書いたのですが、生地を継続的に仕入れていく一つの方法としてリバティを考えていました。

今までは、良い生地があっても次に見にいった時には売り切れだった....。

お客様からお問い合わせいただいても、泣く泣くお断りすることが多かったのです。

その問題点を解消するための一つの方法としてリバティ。

試してみれば、その生地の上品さや、なによりクオリティーに魅せられました。

細い綿糸をきっちりと織り込むことでできる、軽やかさ。 薄いのにとても丈夫。

さすがのお仕事、惚れ惚れいたしました。


そして、究極の課題だったサイズ展開。

やっとやっと準備が整いました。

80cm-140cmまでご用意することができました。


DSC_1247.jpg


今回は受注予約生産でお洋服をお届けしてみたいと思います。

まだ発展途上ですので、お客様にはご迷惑をおかけするかもしれません。

でも、できるだけたくさんの方に喜んでいただきたい...。そういう思い出心をこめてお洋服をお作りさせていただいております。

至らない点もあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


Liberty: Tresco

5部丈チュニック(後ボタン開き)

サイズ:80cm-140cm

価格:5800円

送料:560円(スイスからの発送となります。別途600円で書留も承ります。)


受注受付期間:3月20日~~4月3日 メールにてご予約ください。

メールアドレス:atelieriito@gmail.com
       
お届け時期:4月末~~5月初旬(出来次第、順次お届けさせていただきます。プレゼントなど日にちの指定が必要な方は、お知らせください。できるだけご対応させていただきます。)




                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



trackback: -- | 本文: -- | edit

Liberty: Tresco  


DSC_1155.jpg


最後の更新から早2ヶ月....。

2014年は更新するぞと誓いながら、日々の暮らしに追われておりました。

そんな中、初めて注文したリバティの生地がスイスに到着。

寒い寒い冬の間、春を待ち焦がれる....まさにそんなイメージの生地。

色とりどりの花が咲き乱れる小さなお庭のようなお洋服です。


DSC_1152.jpg


ふんわりとした五部丈のパフスリーブ。

この雰囲気を出すために何度も試行錯誤したけど、思い通りの形にできました。

春に向けて、近々ご注文をお受けする予定ですので、どうぞブログにお越しください。



                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。