Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

2014 



DSC_0762.jpg


あけましておめでとうございます。
皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

長い間お休みいただき、ご迷惑をおかけしました。
メールを下さった皆様、ありがとうございました。

新しい年の幕開け。 

これを機会にブログを再開いたします。
よろしくお願いいたします。

Atelier Ïto
スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: 2 | edit

ひなぎく 

DSC_0015.jpg


ひなぎくの絨毯。

手には持ちきれないくらいの花束。

いつになったら、止めるんだろう。

どれだけ摘んだら満足なんだろう。

そんなことをぼんやり考えながら娘を見つめる夕暮れ。

平凡ないつもの日々。

でも、それを幸せって呼ぶんだろうな。


娘の摘んだひなぎくとたんぽぽの花束は私へのプレゼントで、娘の誇らしそうな笑顔が眩しかった。



                 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ








trackback: -- | 本文: 0 | edit

子育てスタイルに参加の皆様へ 

DSC_0594.jpg


早いもので、子育てスタイルに登録させていただいてから2年近くが経ちました。

不定期な更新にもかかわらず、たくさんの方にお気に入り登録をしていただきありがとうございます。

また更新が出来ない日々が続く中、それでも足跡をのこしてくださっている皆様、心より御礼申し上げます。

このサイトを通じてたくさんの素敵な方に出会えたことを感謝しています。

遠くて近い、知らないのに知ってるような、友達のような家族のような、そんな存在。

こうして細々とブログを続けてこられたのも、皆さんのコメントや応援に支えられてのことでした。


そんな子育てスタイルさんのサービスが7月末に終了するということを知りました。


この先このサイトがどういうふうに運営されるのかわからないのですが、もし完全に削除されてしまうとお気に入りに登録してくださったみなさんと離れ離れになってしまいます。

こうして出会えたのも何かのご縁。

そのご縁を繋ぐ細い糸として、ブログにリンク欄を設置する予定です。

毎日はチェックできないかもしれない、でもみんなどこかで頑張ってる、つながってるんだということを感じるために。

相互リンクしてくださる方、是非ご連絡ください。(もちろん、子育てスタイルの会員さんでない方も!)

また、すでにリンクしてくださっている方もお手数をおかけいたしますが新たにご連絡いただければ幸いです。

リンクを希望の方はコメント欄にURLとブログ名をどうぞ。随時UPさせていただきますね。


                               にほんブログ村 ハンドメイドブログへ









trackback: -- | 本文: 13 | edit

bonne année 2013 


DSC_0330.jpg


スイスに到着し早2ヶ月。

引越しの荷物を片付けたり、こどもたちが早く新しい環境に慣れるように手助けしたり、クリスマスを迎える準備をしたりと、生活の基盤を整えることでいっぱいいっぱいな2012年でした。

ブログの更新も気になっていたのですがなかなかパソコンに向かう時間さえなく、やっと少しづつしなければいけないことも片付き始めるとともに、心も整理することができました。

長らくお休みしていたブログですが2013年という新しい年とともに新しいスタートをきりたいと思います。

いつも応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

場所はフランスからスイスへと変わりましたが、国がかわっても生活のスタンスというのはあまり変わりなさそうです。

好きなお針仕事と、こどもたちの成長をのんびり綴っていきたいと思います。


皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ









trackback: -- | 本文: 10 | edit

涙の訳 

DSC_0502.jpg


泣いてるこどもにファインダーを向けるのは少し気がひけるのですが、ぽろりぽろりと一粒づつ湧き出てくる涙があまりにも幻想的で・・・・。


DSC_0500.jpg


娘の涙の訳は・・・・。

「くもの巣」と呼ばれるロープが張り巡らされた遊具があるのですが、娘はその一番上まで一人で上りたいのです。

何度も挑戦しているのですが、その高さに途中で怖くなって泣いてしまうのです。

降りてくるときに、涙をぽろぽろこぼしながら私のところにきました。

ああ、最後まで上れなくて悔しくて泣いているんだなぁ、と思ったら

「もう、絶対に泣かないって決めたのに・・・・・、また泣いちゃった。」

と、言うではありませんか。

きっと、いつもとは違う気持ちで挑戦したのでしょうね。

なんだかその決意がかわいらしくて。


DSC_0494.jpg


そしてこの夏、やっと一人で登れるようになりました。

その晴れやかな笑顔は誇らしげに、そして真夏の太陽のように明るく輝いていました。

こども達は、こうしてひとつづつハードルを越えてて成長していくのですね。

一度ではうまくいかないことも、何度も挑戦することできっとクリアできる。

こどもたちに必要なことは、「きっと自分はできるんだ。」という強い意志。

親に必要なことは「きっとあなたはできるよ。」と信じ、温かい目で見守ってあげること。

これから先、親も子もたくさんの難関を越えて生きていかなければならないだろうけど、少し離れた場所からそっと見守り続けたいと思います。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ






















trackback: -- | 本文: 8 | edit

引越し準備 

DSC_0119.jpg


去年作ったチュニック。

袖が短くなってるけど、今年も着れました。

この柄と色合いが好きで、好きで・・・・。

今年分を新調するために生地は買ってあるのですが、引越しの箱詰めのタイムリミットがだんだん迫ってまいりました。

今日は地下の物置から箱を引っ張り出す作業。

一人だと大変なのですが、二人が手伝ってくれて助かりました。

小さいのに意外と戦力になるのです。 バケツリレーの要領でダンボールリレー。

本からぼちぼち詰め始めます。


DSC_0114.jpg


一時に比べて、ぐんと喧嘩しなくなった息子と娘。

一緒に遊べるようになると変わるものですね。

妹はお兄ちゃんが大好きで、大好きで。泣かされても「お兄ちゃんが好きやのに・・・・」。

そんなに好きになれるって、単純に「すごい!」って思います。

これってやっぱり家族なんだからなんでしょうか?


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ







trackback: -- | 本文: 8 | edit

おねだり 


DSC_0411.jpg


娘がずっと欲しがっていたもの。
::ピンクのバスローブ

息子がずっとほしがっていたもの
::もぐらの生活がわかる本

フランスを旅たつ前に、それぞれの欲しいものをパパがプレゼントしてくれました。

目下、バスローブが普段着となっている娘。

「もぐらってほんまにかわいいわ~」ともぐらの魅力にとりつかれている息子。

まだまだ、欲がなくってかわいいものです。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ








trackback: -- | 本文: 2 | edit

一人目・二人目 


DSC_0852.jpg


髪も伸び、去年よりぐっとお姉さんらしくなった娘。

学校に行く日を楽しみに、この夏をすごしました。

入学当日、お兄ちゃんのお下がりのバッグにお着替えを入れて「やったー!私、学校に行く!もうおねえちゃんだよー。」とスキップしながら登校。

3年前の息子とはまったく違うなぁ、なんて思い出しながら迎えた初日でした。


DSC_0897.jpg


そして2日目の今日、帰り道でのできごと。

おしゃべりな娘は先生がどんなことを言ったか、みんなで何をしたかひっきりなしに話してくれるのですが、ふと娘の顔を覗いてみると両方のほっぺたに涙の筋が。

寂しくて泣いたかな、友達とケンカしたかな・・・・・、そういや息子もよく泣いてたなと思い「今日、泣いたの?」って聞いてみると、

「ザジーは、滑り台の上から登り棒を使って上手にするする~って降りられるけど、私はできなかったの。それが悔しくって、泣いちゃったの!私もするする~ってやってみたいの!何回もやったけどできないの!」

娘には悪いけど、なんだかかわいくて笑ってしまいました。


上に手をかけている間に、下はいつの間にやら大きくなってる。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ













trackback: -- | 本文: 0 | edit

いってらっしゃい 

DSC_0566.jpg


帰国してから2週間、主人は再びスイスへ旅たちました。

家族で過ごすことを第一に考えた2週間。

少しくらい寝る時間が遅かろうが何をしようが、こども達にはできるだけ多くの時間をパパと過ごしてもらい、とにかく、楽しい夏の思い出を胸に抱いて主人には旅たってほしかったのです。

子煩悩な人なので、きっと寂しい思いをするはずです。

荷物のなかにこっそりと、こどもたちの写真を忍ばせておきました。


夜、ベッドのなかで息子は声を立てずに泣いていました。 

娘は「ぱぱ~!ぱぱ~!」といつものようにパパを呼んでいます。


明日からしばらくは3人の生活が始まります。

こどもたちが寂しい思いをしませんように。 また笑顔で一日がおくれますように。




いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ

















trackback: -- | 本文: 8 | edit

何をしてもうまくいかない日 

DSC_2023.jpg


タイトルそのままなんですが、何をしてもうまくいかない日というのはあるものです。

主人がこどもたちを連れて出かけてくれたので、一日中ミシンを踏んでいたのですがうまくいかない。

こどもたちがいない分、集中はできるのですが「いまのうちにやってしまいたい」という気持ちがあせるにつながるのか、裁断ミスをしたり、縫う工程を間違ったり。

おまけにそういうときに限って些細な部分の縫い目のゆがみなどが気になり、解いて縫って、解いて塗っての繰り返し。

結局、やりたいことは全然進まないまま一日が過ぎてしまいました。

気を取り直して、明日またがんばろう。

今日はゆっくりと映画でも見て寝ます。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ










trackback: -- | 本文: 4 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。