Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ベリーのタルト 


tarte1.jpg


せっかくの夏休み。

こどもたちのお楽しみを考える日々が続いております。

息子がおじいちゃん・おばあちゃんの家に行く前日に、こどもたちとベリーのタルトを作りました。

娘がお昼寝をしている間に、息子と一緒に下準備。

材料を準備してカスタードクリームを作り、生クリームをあわ立てる。

その後、タイミングよく起きて来た娘と一緒にフランボワーズとブルーベリーを飾ってもらいます。

二人寄り添って仲良く作業をしていますが・・・・・

生クリームを指ですくって味見するのと、フランボワーズをぽいぽい口に入れるのも忘れません。


tarte2.jpg


できました!    ベリーがいっぱいのタルト。

ミントがあると色合いがきれいなんだろうなぁ、と思ったのですが我が家にはバジルしかありませんでした。

色は一緒だけど、さすがにそれは違うなと思いやめときました。


tarte3.jpg


お待ち兼ねのおやつの時間です。

自分たちで作ったタルトは格別なようで、二人でおいしいねぇ、おいしいねぇと言い合いながら食べていました。

それは、とてもほほえましい光景でした。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 4 | edit

娘とカフェ 


fille2.jpg


主人との待ち合わせは、お友達が最近開いたオープンカフェ。

休日の午前中は主人はレガッタに乗って体の調子を整えています。(何せ一日中PCの前に座っているような仕事ですから、目も体もおつかれです。)

自然の中で、美しい景色を見ながらレガッタを漕ぐのはとっても気持ちいいらしいです。

あ、私は運動オンチなので絶対無理なのですが。

というわけで、娘と女子会。

なんて響きはいいけどじっとしていられないので、史上最悪の女子会でしたー。

この後3人でお昼ご飯を食べる予定だったのに、ショーケースのケーキの前で、

「これ食べるーー!ケーキ食べるーー!ピンクのハートが乗ってるやつー!!」

もう、止められません・・・・・・。

まったりとか、ほっこりどころか逆にめちゃくちゃ疲れましたー。

やっぱり娘には悪いけど、こういうところはおかあさん一人できたいわ。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

にんじんと子牛のトマト煮込み 

vrau.jpg


フランスでポピュラーな家庭料理、にんじんと子牛のトマト煮込みをつくりました。

義母がすごく料理上手で、とってもおいしかったので作り方を伝授してもらいました。

日本で言うなら、さしずめ肉じゃがというところ? おふくろの味です。

材料も作り方もシンプルなんですが、ほろほろのお肉に甘いにんじん、すっぱいトマトが絶妙のコンビネーションです。

とにかく煮込むだけなので料理が苦手な私でも簡単にできてしまう、失敗しらずの大助かりメニューです。

お肉をフライパンの中で焦げ目が付くまで焼く。

その中にたまねぎ(好みでセロリも)とにんじんを入れ少し炒める。

次にトマト缶投入。

ローリエやタイムなどのハーブをいれ、塩で味を調整。

トマトの水っぽさがなくなるまで煮込む。←弱火で放置。

味付けはハーブの風味と塩だけなんですが、そのほうが素材の味がぐんと生かされておいしいです。

ひそかに、この中にカレー粉を入れるとカレーになるのでは?と目論んでいる今日この頃。

いつか試してみたいです。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 4 | edit

レインドロップス 


puie1.jpg


レインドロップスという名前のブラウスを作りました。 パターンはオリジナル。

袖と裾で使用しているレースに雨粒のような刺繍が入っているからです。

このレース、実は以前に作ったベビードレスで使うつもりだったのですが、いまいちイメージが会わなくてやめたのです。

ま、言ってみれば在庫消費のために作ったような物なのですが、かわいく出来上がり気にいっています。

そしてつくづく思うことは、「私って結局チェックと、ストライプと水玉と花柄が好きなんだ。」ということ。

ブログをこうして更新していくとよくわかりますね。


この、袖の形がポイントなんです。

フレンチスリーブでもフリルでもなく、羽のようなイメージで作りたかったのです。

下に落ちずに、横に広がるようなシルエット。

そして、この羽シリーズは改良を加え、いつかブログに登場予定です。

現在製作中なんですが、またチェックかストライプになりそうです。


pluie3.jpg


ほら!なんとなく、白鳥の羽のように見えませんか?




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

おうちプール 

piscine1.jpg


この時期になると、おうちプール、ベランダプールの話題がブログでも多くなりますね。

我が家もせまーいベランダにプール出しました。  

しかも今年は新調です!(といっても、去年はIKEAの衣装ケースだったので新調とはいわないような・・・・)

こどもたちのリクエストでバーバパパ。  フランスでは不動の人気者です。

お兄ちゃんがいないので娘の一人プール。

主人のお姉ちゃんに買ってもらったビキニ?を張り切って着ていますよ。

面倒くさいので裸で入れようとしたら、「パンツと、おっぱいのつけて!」と要求されました。

おっぱいよりも、おなかがでているのに・・・・・。

そして動くたびにずれる水着をひっぱって、おっぱいの位置に戻しているしぐさもかわいかったです。


piscine2.jpg


今日はとても暑かったので、これ以上ないプール日和でした。

プールで遊んだ後は、やっぱり夏の風物詩アイスクリーム。

「チョコとバニラと2ついれてねー。」と、またまた欲求!

ま、お兄ちゃんもいないし時には甘やかしてあげないとね。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 4 | edit

ぎざみみうさぎ 


lapain.jpg

本棚の中にこっそり隠れていた本です。

オークションでまとめて買った時の1冊だと思うのですが、薄い本なので目が届きませんでした。

シートン動物記より、と書いてあるでそのなかの1話のようです。

ストーリーは(言ってしまっていいのかな?)・・・・・

親子のウサギが仲良く暮らしていました。母親は生きていくための知恵を生活の中で教えています。

ある日、敵がきます。母親は我が子を守るために自分が犠牲になり、子を逃がします。

生き残った子うさぎは成長し、親になりました。

そして今度は自分のこどもたちに母親から教わった知恵を授けていくのです。

読みながら、母親の立場である私もちょっとうるうるきていたのですが、静かに聴いていた息子が泣き出しました。

母うさぎが死んでしまったからかのか、残された子うさぎがかわいそうだからなのか、理由はわかりません。

きっと、息子にもはっきり説明はできないと思います。

泣きじゃくりながら、「おかあさーん、おかあさーん。」としか言えなかった夏の日の夜。

その気持ちを忘れず大きく成長することを願っています。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

美術館に行こう 

art1.jpg

↑こんな生地があったら素敵。 刺繍の図案にもなりそう。


日曜日、主人のいとこのおうちで食事をご馳走になりました。

毎月1回、我が家と、おじさん・おばさん夫婦、いとこ(独身)で食事会を開きます。

年齢も職業もライフスタイルも違う私たちですが、幅広い年代の人と触れ合うことはこどもたちにとっても大切なことです。


art2.jpg


たまたま美術館が無料の日だったので、みんなでお散歩がてら寄ってみることに。

現代アートなので、こどもたちも楽しめます。

木やメタルを使ったり、オブジェになっていたり、落書きしたみたいな絵だったり・・・・・。

(この後、息子は作品に近寄りすぎて「ブッブーーー!!」とアラートを鳴らしてしまいます。

ま、これも勉強のうち。)


art3.jpg


美術館でのマナーを教える良い機会にもなります。

娘には「走っちゃだめー!」の繰り返しでしたが。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

レシピブック 

carne.jpg


これ、私のレシピブックです。

なぜか、2000年につかわなかったスケジュール帳なんですが。

中は週ごとにバラの花の絵が描いてあって、すごくきれいなんです。

捨てることもできず、いつの間にやらレシピブックになりました。

と、いっても普通のレシピブックとは一味違うのです。  驚くなかれ!

このブックの中のレシピはすべて「***家秘伝!」ばかりが集められているのです。

お友達のおうちに伝わる、また、お友達の得意料理のみが収められた完全非売品。

パティシエのお友達に教えてもらったクレープ。  これにかなうレシピはない。

イギリス人の旦那様を持つお友達に教えてもらった、伝統のレモンケーキ。  しっとりと甘酸っぱい。

日本食が得意なお友達が教えてくれた、鯛の漬け。  白いご飯が進む、進む。

と、ご飯からお菓子まで幅広く収められています。

私はお料理が得意ではないので、みなさんの知恵を借りて毎日の食事をなんとかこなしているのですが、ほんと大変。

そこでお料理が得意な方!

おいしいレシピをご存知でしたら、是非こっそりと教えてくださいね。





     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

お守り 

marie.jpg


昨日から息子は飛行機に乗って、おじいちゃん・おばあちゃんのおうちまで一人旅です。

-----かわいい子には旅をさせろ。-----

とはいいますが、初めてのときは、それはそれは心配しました。

フライト時間は1時間といえども4歳半。

さみしくなったりしないかな? 飛行機に酔ったりしないかな? 荷物はちゃんと持てるかな?

不安はつきませんでした。

こういうとき意外と男親のほうが明るく見送れるもので、それにかなり救われた部分があります。

今回は2回目なので息子も私もちょっと余裕が。


marie2.jpg


小さい頃から一人でお出かけするとき、必ず渡すお守りがあります。

それは主人が赤ちゃんの頃、クリスチャンの洗礼を受けた記念のメダイユです。

小さな小さなマリア様が手をあわせているデザインです。

長い間、義母が保管していたのですが、私たちが息子を授かったときマリア様の裏側に息子の誕生日と名前を入れてプレゼントしてくれました。

普段は娘の分もあわせて、仲良く2つのメダイユが私の首にかかっています。  ほぼ365日。

それを、息子の首にかけながら言い聞かせます。

「このマリア様と、パパと、おかあさんがいつでも守っているから大丈夫。」

そして心のなかで、ありとあらゆる神様にお願いする私。

「どうか無事に息子を送り届けてください。」

こどもが授かってから、神頼みが多くなりました。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

絵描きさんのスモック 

smo0.jpg


9月から始まる絵のアトリエで使用する娘のスモックがやっと完成しました。

このアトリエで使用します。

デザインはシンプルなので縫いも早く終わるはずだったのですが、まさかのミシン不調で予想外に時間がかかってしまった1着。

アトリエでは、体全体を使って絵を描きます。  なので、終了時間にはみんな絵の具まみれ!

1年後どんな色に染まるのかが楽しみで、あえて真っ白なスモックを作りたかったのです。

デザインは絵描きさんが着ているような襟なしのシンプルなもの。

生地は、ちょこーっとあまっていた真っ白のリネンに、ヨーク部分だけフロッキーなお花がプリントされた生地。

本当はリネンだけで作りたかったのですが、どうパターンを修正しても動かしてもヨーク部分が取れない。

仕方がないのでこの生地を使ったのですが、意外と良いアクセントになりました。

それにしても、私はリネンという生地が苦手です。

風合いや肌触りは大好きなのですが、縫うのが難しいのです。

ゆがむ、動く、浮く。 こんなにわがままな生地はありません。


smo.jpg


娘に着せてみました。   サイズはばっちり。

スモックというより、スプリングコートのようにも見えますね。



     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。