Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ドールハウス③ 


house3.jpg


だんだん派手になってきました・・・・・・。

あんまり考えないでつくっているので、出来上がったら、え!?

モザイクしないほうが良かったかなぁ~と思いながらも、ま、娘のだからいいか。

写真ではけっこうしっかり色が出ていますが、くすんだカラーの木のチップなのでそこまでポップなイメージではありません。

なぜか、きのこも生えています。

昨晩ボンドで家自体を固定しようとしたら、今度片付けるときに壊れてしまうから細い釘を打った方がいいとの主人からのアドバイス。

あと、小さな電飾もつけてくれるそうです。そうするとぐっとクリスマスぽくなりますね。

今晩、お家の床もモザイクする予定です。もーっと、派手になること間違いなしですが、もうどっぷり夢の世界につかりたいと思います。

大人目線ではなくて、こども目線での製作。

意外と難しいものです。

trackback: -- | 本文: 2 | edit

日本語教育 



usa.jpg


最近、こども達の日本語教育について考えています。

外国に在住しながらどこまで出来るのか?

どういう方法があるのか? 漢字の音読み、訓読みってどうして教えるのか?

私は国語の先生でもないし、ましてやスペシャリストでもないのであーだ、こーだ悩んでいます。

早期教育には興味はないのですが、息子は3歳の時、つみきで遊びながら50音を覚えました。

あれから2年・・・・。

今度はなんとかカタカナにステップアップを・・・と思いながら、全く進展していない!

それもそのはず、何もせずに放置しているのですから・・・・。

こればかりは、教える側の親に持続力がないと無理だなぁと思うのです。

言語はあくまでも自分の考えを伝えるツールであって、もっと大切なことはたくさんあります。

ましてやフランスで生きていく以上、第一言語のフランス語をしっかり身に付けることが先決なのですが・・・・。


それでも母語の美しさを伝えたい。 出来るところまで一緒に頑張りたい。

そのためにまずは自分のモチベーションをあげる必要があると気づきました。

「継続は力なり。」

私の好きな言葉。

今日のこの日の思いを忘れないように、ブログに宣誓しておきます。


trackback: -- | 本文: 10 | edit

ドールハウス② 



house.jpg


色を塗って組み立ててみました。

遠目ではあまりわからないのですが、マスキングテープをはがすときにペンキも一部一緒に取れてしまいました。

見た目が悪いので、わざとアンティーク風にもっとはがすか、再度きれいに塗りなおすか悩んだのですが結局きれいに仕上げることにしました。

アンティーク調ではなく、娘にいっぱい遊んでもらって本当のアンティークにしてもらいたいので!

組み立てるのも意外と難しかったです。

というのもペンキを塗ることによって厚みが出て、うまく組み合わないのです。

やっぱり、木工は奥が深い・・・・。

ペンキじゃなくてステインで仕上げれば良かったかな・・・・と後悔先に立たず。

来週あたり、もう一つ木工プロジェクトがあるので今度はステインに挑戦です。


明日からは、カーテンなどの小物を製作し、できるかどうかわからないですがちょっとした家具も作りたいなと思っています。

trackback: -- | 本文: 6 | edit

小さなアコーデオン奏者 

accor.jpg


週の始まり。

月曜日はパトリックおじさんの音楽教室。

いろんな楽器を使ってお話を語り、歌ってくれます。

リトミック?というのかな。こどもたちは卵型の小さなマラカスを小さな手に握り、リズムを取ったり踊ったり。

最後は、おじさんの持ってきた楽器をみんな触らせてもらいます。


月曜日は音楽、木曜日はアートのクラス(またはお料理。)と週2回、未就学児のクラスを町が運営してくれるおかげで、こどもはたくさんのお友達と会う機会が出来ます。

親子参加なので将来いい思い出にもなりますよね。


残念ながらボランティアで来てくれているパトリックおじさんもだいぶ歳をとったということで、今年度で音楽教室は終了です。

知識や技術のある人が定年後、こどもたちのためのボランティアに参加するなんてまさに町ぐるみでの子育て。


いろんな人からたくさんの刺激を受け、多様な価値観の中で成長していくというのはこどもにとって必要なこと。

そのような経験が将来、相手を受け入れ、尊重する礎になると信じています。







trackback: -- | 本文: 0 | edit

祝日 



garo1.jpg


↑ 嬉しそうに上を見上げる二人。 ぱらぱらと葉っぱのシャワーが降ってくるのです。


11月11日は第一次大戦休戦記念日ということでフランスは祝日です。

終戦ではなく、休戦ということろがとてもフランスっぽいです。(戦時中でもバカンスが必要ってこと?)

というわけで世間は3連休。

我が家はお散歩がてら街の「水力発電博物館」に行ってきました。


garo2.jpg


川沿いをてくてく歩いていきます。

さわやかな秋晴れで川面がきらきら光り、とてもきれいでした。

赤や黄色に色づいた葉とのコントラストが絶妙で、アマチュアカメラマンも多数。

私もその中に混じって、ぱちりと一枚。

この3連休は主人が仕事に追われているので、私は必然的にこども達と外に出掛けることになりそうです。








 
trackback: -- | 本文: 4 | edit

こどもクッキング教室 


cs2.jpg


今日はこどもクッキング教室に行ってきました。

毎月1回、託児所の方が企画してくれます。

今日はクリスマスに向けて、ハチミツと生姜の風味がぴりっときいたジンジャースパイスクッキーです。

バターが少なめの生地なので、こどもたちがコネコネしてもあまりべとつかないのはさすがの選択。

みんな、天道虫のおそろいのエプロンをして、けんかにならないように各自ボールを渡してもらいお母さんと一緒に作ります。

最後は生地をひとつにまとめ、みんなで仲良く型抜き。  娘はハートばっかり。


ちょっと焼けすぎたり、生地が厚すぎたりと見た目は完璧とまではいかないものの、味はなかなかのもの。

たくさんできたお土産用のクッキーを大切に腕に抱え、みんなとっても誇らしそうでした。

trackback: -- | 本文: 0 | edit

花の耳飾り 


ushi.jpg


耳飾り、といっても娘の大事な牛さんの耳飾りです。

先日まで、息子が道で拾った(!)お花のブローチをプレゼントされ、それを飾りにしていたのですが壊れてしまいました。

というわけで中国の民芸品で見たような気がする、こんな形の耳飾りを新調しました。

もともと何なのか気になってネットで調べたのですが、それらしきものは見つけられず結局わからずじまいです。

似たような物で中国の針山はヒットしたのですが、もっとデコレーション的な用途で使うものではないでしょうか?

頭の中で思い出しながら作ったのでちょっと違うかもしれませんが、おおむねこんな感じのモチーフだったと思います。

誰かご存知の方がいらしゃったら、これの名前と用途を教えてください!

形がかわいいので、大きさや生地・糸の色を工夫すれば何かに使える予感。

娘のヘアピンを牛さんとおそろいで製作中です。
trackback: -- | 本文: 4 | edit

ドールハウス① 



dollhouse.jpg




やっと主人に頼まれていた仕事も、息子のクラスでの日本紹介も終わり、肩の荷が下りました。

今日からやりたかったことに少し集中して取り組めそうです。

先日から夜な夜な作っているもの。

それはドールハウス。

ごっこ遊びに夢中な娘へのクリスマスプレゼントです。

このブログでは完成したら「じゃじゃーん!」とお披露目しようかと思っていたのですが、それまでの工程も記録することにしました。

作り始めてからの感想は、「お針仕事と違い、木工は時間がかかる!」

ペンキは何度も塗らないときれいな色が出ないし、美しく仕上げるためには汚れ防止のマスキングテープは貼らないといけないし・・・・。

せっかちな私は乾くのももどかしいのです。

どんな家にしようかな?

とにかく色の組み合わせにすごく迷ったのですが、2歳の少女へのプレゼントなので白い壁に赤い屋根です。

物語に出てきそうなオーソドックスなおうちが出来る予定です。


余談ですが、この赤いペンキ。「ざくろ色」という素敵な名前です。

とっても深い赤なのですが、重くなりすぎず思っていたとおりの色を見つけることができました。




trackback: -- | 本文: 4 | edit

女の子ハンチング 


hanting.jpg



タイトルは「女の子ハンチング」ですが、本当は息子のクリスマスプレゼントに作ったものです。

確か、1歳のクリスマスだったような記憶が・・・・・。

パパとおそろいで作りました。

意外と女の子のハンチングは町でもショップでも見かけませんが、個性的でかわいいと思います。

(小さな探偵さんみたいですね。)

このハンチングは私の縮んだウールのセーターから出来ているのですが、こうして新しい形に生まれ変わると、ある種の達成感を感じます。

どんな物でも簡単に捨てることができないので、日々それらの代用法を模索中です。(だから家中、すっきりしないのですが。)



trackback: -- | 本文: 4 | edit

貼りたいお年頃 


barba2.jpg


めくっては、貼り、めくっては、貼り。

シールを貼りたいお年頃です。

めくる→貼る→構図を考える。

手先の運動であり、アートなお仕事。

娘は大好きなバーバパパのシールでお仕事中です。

「ここは、バーバママ! ここにお家を貼って・・・・」などストーリーを考えながら貼っています。

現在、プレイモビールを使った「ごっこ遊び」にも夢中で、手先の感覚や言語が著しく発達している時期に思えます。


barba1.jpg


娘のことは置いておいて、私はというと実は最近すごく忙しくブログを更新する時間もあまりまりません。(写真を撮る時間がないというほうが正しいかも。)

主人に頼まれている仕事をこども達が寝た後にしなくてはいけないし、来週は長男の学校で日本の紹介をしに行きます。

(それに関連して宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の映画版をクラスでも見に行きます。)

クリスマスに向けて楽しいアイディアをいっぱい用意しているので(製作は始めています。)できれば、11月中に紹介できればいいな、と思っています。


trackback: -- | 本文: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。