Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ノエル2011 

022.gif


最後の更新から1週間以上経ってしまい、いまさらメリークリスマスという感じでもなくなってしまいました。

主人の実家でクリスマスを迎えたあとは、久しぶりに友達と会ったり、町に出たり休暇を楽しんでいます。

残念ながら今年は暖冬でホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、山の上にはまだ雪が残っているので、こどもたちとそり遊びもしました。


049.gif


主人の実家のクレッシュ(キリスト降誕の一幕)にも、ちいさなイエス様がやってきました。

25日になった日に、そっと出しておきます。

クリスマスの朝、こどもたちはツリーの下に置いてあるたくさんのプレゼントを見つけます。

毎年することは変わらないのですが、変わらず家族が集まり楽しいひと時を過ごせる喜びを感謝したいとおもいます。


・・たくさんの足跡やコメントをいただいているにもかかわらず、お返しができなくてすいません。
また、更新を楽しみにしていただいてる皆さん、いつもありがとうございます。もうすぐ家に帰りますので、もう少々お待ちください。

スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: 2 | edit

その先に見えるものは? 



sougannkyou.jpg


二人並んで仲良く観察しているものは・・・・・・。

超至近距離のクリスマスツリー。

そして妹はお約束どおり、双眼鏡を反対側から覗いています。(笑)

こどもはなぜ、反対側から覗きたくなるのでしょう?  お兄ちゃんはもう間違いませんが。


sougankyou2.jpg


この双眼鏡、ひいおじいさんの形見なんです。

余生を海辺で過ごしたひいおじいさんは、この双眼鏡で家の前を通る船を観察したり、海を眺めて楽しんでいたそうです。

息子はとても小さいときからこの双眼鏡が大好きで、結局おじいちゃんがプレゼントしてくれました。

右側は小型の望遠鏡。

今年の夏はキャンプに持参して、星を眺めていました。


ひいおじいちゃんが覗いて、おじいちゃんが覗いて、パパが覗いて、息子が覗く双眼鏡。

時代を超えてその先に見えるものは、同じものか? はたして違うものなのか?

壮大なロマンを感じる家族のヒストリー。


trackback: -- | 本文: 4 | edit

毛糸の季節 

19.jpg


やっと毛糸の出番が回ってきたのは12月の半ば。

今年は暖冬で本当に過ごしやすかったのですが、さすがに寒さも厳しくなってきました。

このお帽子は主人方のおばあちゃんが編んでくれたもので、どんぐりみたいなとんがり帽子です。

こどもって、こういう奇抜なデザインでも着こなしてしまうところがすごい!

マフラーは、数年前に私の母親がモヘアで花のモチーフを繋げて作ってくれたものです。

娘のこの満面の笑み! 親の私でさえ笑えるのですが・・・・・


18.jpg


こんなおねえちゃんな表情もするようになりました。
trackback: -- | 本文: 4 | edit

クリスマス休暇 



gakkou1.jpg


昨日で、学校もお休みに入りました。

最後の日はこどもたちが歌うクリスマスソングを聴きに学校へ。

お休み前には、お勉強のファイルを持って帰ってきますが、この時期はプレゼントつき!

市からは家族で遊べるボードゲームが贈られ、お友達同士で作ったカードを交換しあったようです。

家族へのプレゼントは粘土で作った蝋燭台でした。


gakkou2.jpg


教室に貼ってあった絵。

なんだか、色使いやフォルムがかわいい!

こんなイメージの服を作ってみたいなぁ。


gakkou3.jpg


庭の片隅にはひっそりとサンタさんが!

息子の学校は昔からある建造物なんですが、表通りから見ると一見普通の家なんです。

でも中に入ると教室が並び、大きな園庭があります。もちろん木がはえていたり、遊具があったり!

最初は驚きましたが、よくよく見ると建具や備品も古くってとっても味があります。

こんな学校で勉強できるなんて、息子がうらやましい!


というわけで、何日間もクリスマスの話題が続いてしまいましたね・・・・。飽きました? 飽きましたよね・・・・。

フランスはノエル前は、この話題しかありません・・・・・。ごめんなさい!

私達も最後の追い込みでプレゼントを用意し、22日には主人の実家へ出発します。





trackback: -- | 本文: 6 | edit

クリスマス・サーカスにクリスマス・ランチ 


boushi.jpg


昨日の夜はお友達が「チケットが余っているから・・・・。」といってプレゼントしてくれたクリスマス・サーカスに行ってきました。

先週の蒸気機関車にしろサーカスにしろ、なんだか12月はついてる我が家です!

20時からと少し遅めのスペクタクル。

こども達は疲れて寝てしまわないだろうか・・・なんて心配するだけ無意味ですね。

真ん中の一番前の席で、ライオンやオットセイに大興奮。

ピエロのおじさんに大爆笑し、空中ブランコでは心配そうにお姉さんをじっと見つめ、あっという間に楽しいひと時は過ぎていきました。


そして今日は、自治会主催のクリスマス・ランチ。

ボランティアの人が朝からはりきってランチの用意をしてくださり、私達はお昼に「いただきにきましたー!」といって出席するだけ。

老いも若きも一緒になって仲良くランチ。

みんなでわいわい言いながら食べる食事は最高でした。

こどもたちも、おじいちゃんやおばあちゃんに相手にしてもらいながら楽しいひと時を過ごせました。

家に帰ってから「あのおじいちゃんは、すごく優しいしジョークがとってもおもしろいんだよー。でも、足が悪いから気をつけてあげないとね。」なんてことも話してくれました。

小さい子は一人でどこかに行ってしまうと危ないからきちんと手を繋いであげよう、おじいちゃんは足が悪いから、おじいちゃんの周りではしゃぐのはやめておこう。

世の中にはいろんな人がいる。

たくさんの人と関わる中で、大切なことを学んでいると確信しました。

優しい心の種まきが終わったあと、その芽が少しずつ出てきたと感じる今日この頃です。


*サーカスもランチもSDカード抜けで写真が撮れませんでした(涙)気分だけでもサーカスをということで、三角帽子の写真を今日はチョイス。

trackback: -- | 本文: 2 | edit

クリスマスの小さな緑の茂み 



lentille.jpg


我が家のレンズマメがすくすくと発芽してきました。

クリスマス前に、コットンを水で湿らせてレンズマメを蒔いておきます。

そうするとクリスマスには愛らしい小さな緑の茂みが楽しめるのです。

この習慣は伝統的なもので、家庭や学校でも行われているんですよ。

去年、息子も学校から小さな浅底の壜と一緒に持ち帰ってきました。

クリスマスまでにいっぱい発芽したら翌年は豊作といわれているそうです。



ところで、このレンズ豆の後ろで、ぼや~っとしているものですが・・・・・・


lentille2.jpg


夏から作り続け、ずーっと中断していた刺繍です。

息子の絵をモチーフに帆布のお買物バッグを作っていたのですが、すっかり忘れていました。

22日からは主人の実家に里帰りするので、この刺繍を持参し仕上げたいと思います。
trackback: -- | 本文: 0 | edit

猫の服の仕立て屋さん 


nya1.jpg


ここ数日、猫の服の仕立て屋さんになってます。

息子の大事な大事な、猫のお洋服。

クリスマスにプレゼントしたいということ。

大至急のお仕事依頼、お針子さんはてんてこ舞いです。


nya3.jpg



かれこれ5年以上、大事にし続けている猫。

初めて託児所に行く日も、一人でおじいちゃんの家にお泊りした日も、日本に里帰りした日もいつもいつも一緒でした。

悲しいときや叱られたとき、「にゃんにゃん~!(猫の名前)」といいながらぎゅーっと抱っこ。

にゃんにゃんはどんなときでも、息子の味方なのです。

私達にとっては、これ以上ない優秀なベビーシッター。

息子の出産祝いに戴いたのですが、来た当時はふわふわのぷっくりした猫でした。

ところがいつも腕に抱いているので首が伸び、お洗濯も何度もしているので毛はなくなり綿はぺっちゃんこ。

なんだかやせこけた猫になってしまいました。

それでも、息子にとってはこの猫が一番かわいいのです。 同じ年月を一緒に過ごしてきたのですから。

trackback: -- | 本文: 4 | edit

クリスマス市 



noel2.jpg


お友達に誘われて、町のクリスマス市に行ってきました。

これはシャッターチャンス!と思い、カメラをぶら下げていったのですが、予想以上にすごい人・・・・・。

クリスマスらしい山小屋風のブースがたくさん並んでいたのでブログで紹介したかったのですが、人の多さで撮影を断念。

上の写真はかろうじで撮れたguirlandeと呼ばれる、連なった小さな照明。 

暗くなり始めた空を美しく彩っていました。


noel1.jpg


市庁舎は、えらく華やかに!

なんだかどこかのアミューズメントパークみたいですね。


noel3.jpg


最後は仲良くメリーゴーラウンドに乗って。 


町はどこもかしこもきらきらと光に溢れ、道行く人も皆幸せそうでした。

皆が幸せそうなので、私も12月が大好きです。




trackback: -- | 本文: 4 | edit

サンタクロースと行く蒸気機関車の旅 


voyage2.jpg


土曜日の朝早く。 お友達から電話がかかってきました。

「サンタクロースと行く蒸気機関車の旅のチケットを予約していたのだけど、こどもが病気で行けそうにないの。代わりにいってくれない?」

願ってもいない、お誘い! ありがたく、お引き受けしました。

蒸気機関車の中はクリスマス仕様に飾られ、こどもたちにはおやつやプレゼントも用意されています。

もちろん、お髭のサンタさんがいて、こどもたちと写真を撮ったり歌を歌ってくれたり。

2時間の旅も退屈せずに過ごせました。


voyage1.jpg


終点地では3時間の自由時間。私達は山の上のお城を目指していざ出発!


voyage3.jpg


歩いても、歩いてもなかなか到着しません。

そして石畳の上のベビーカーは本当に、使えない!


voyage4.jpg


お城を見学した後は、町の中を散策。

民家なのに、庭でヤギを飼っている家を発見! かわいい~。


電車で2時間の小旅行でしたが、知らない町を訪れるのって楽しい! 

ちょっとくせになりそうです。



trackback: -- | 本文: 4 | edit

パパのお誕生日 



papa3.jpg

↑「パパ~、今度はお馬さん書いて~。私はお馬さんに乗せてね。」


今日は主人の誕生日。 家族でささやかにお祝いを。

中華料理を用意し、レモンのタルトをデザートに。

変な組み合わせですが、主人の好きなものばかり。

プレゼントは、ダイエット中ということで体重計!

我が家には目盛り式のレトロな体重計があるのですが、グラムまで読みきれないのでデジタルのものをプレゼントしました。


papa2.jpg


お誕生日の朝。

紫と燃えるようなオレンジが組み合わさった、きれいな朝焼けを家族で見ました。

家族で同じ時間を共有できる幸せ。

「お誕生日おめでとう。これからも共に思い出を作っていきましょう。」








trackback: -- | 本文: 8 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。