Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

理科少年2 



abura.jpg


一見、変わったデザートに見えますが・・・・・。 デザートではありません。

娘のお昼寝中に、新しい理科実験に挑戦。

ちなみに前回の実験は・・・・これでした。

サラダ油をコップに入れ、その中に氷をいくつか浮かべます。

その氷の上を伝わせるように、液状の食紅(又はインク)を少しづつ落とすと・・・・・

あら、不思議。

氷からぽとん、ぽとんと垂れ下がるように雫の玉ができるんです。

赤の食紅を落としたときには、息子大感激。

「わ!!!いくらみたい~~~!」(←大好物なもので・・・・。)


仕事から帰ってきたパパに、今日の実験ことを嬉しそうに語っていました。根っから理数系の主人は、

「で、この実験からわかったことは何?どう思うの?」と息子と話し合っていました。

確かに、そこが大事。
trackback: -- | 本文: 6 | edit

雪の日の楽しみ 


yukinohi1.jpg


今日は、日本語補習校の新年会(お餅つき)と息子の柔道の試合があったのですが突然の雪ですべてキャンセルになりました。せっかくお餅つきの練習してたのに~!


yukinohi2.jpg


「犬~は喜び庭駆け回り~♪」じゃないですが、わがやのこども達も公園を駆け回っていました。もう、遊び方が半端なくダイナミック。


yukinohi3.jpg


玉をつくっては私に投げつける!投げては、逃げて、雪の中を転げまわる!


yukinohi4.jpg


途中、ミニ雪だるまを製作。いたるところに、たくさん作りました。


yukinohi5.jpg


最後は、雪シャワー! 木に積もってる雪を一気にばさばさ~と降り落とす!

雪が降るだけで、いつもは出来ない遊びができて楽しいですね。

もし明日も雪が残ってたら、息子が学校に行ってる間に娘をそりに乗せて、遊びに出掛けようかと思っています。
trackback: -- | 本文: 8 | edit

雪の日 

yuki1.jpg


天気予報どおり、今日は雪が降りました。

積雪量は少ないですが、ここ南仏では雪が降ること自体珍しいので、こどもたちは朝から大喜び。

写真は町のアートのクラスに向かう、娘とそのお友達。

年齢が一緒なので双子がいるとこんな感じなのかなぁ~と思います。

転ばないように二人で仲良く手を取り合って、ゆ~っくり歩いていました。

ところでお友達のママは中国人、パパはイギリス人なのですが不思議と二人は良く似ていて、よく姉妹と間違われるんですよ。


yuki3.jpg


残念ながらお昼前には溶けてしまいましたが、しばし冬景色を楽しませていただきました。

赤いレンガの上にうっすら積もった雪はそれはきれいで、その色のコントラストが素晴らしかったのです。

trackback: -- | 本文: 2 | edit

お雛様 

ohinasama.jpg


ちょっと気が早いのですが、お雛様を出しました。

2009年のお内裏様、お雛様から始まり、2010年の三人官女、2011年の五人囃子まで渡仏が無事完了しました。

要するに、物が物だけにとてもかさばるので、少しづつ実家から送ってもらっているのです。

いまだ右大臣、左大臣、牛車や籠、お嫁入りの家具類は日本で待機中です。


ohinasama2.jpg


段がないので、自分で空き箱を重ねてそれっぽいものを作りました。

三人官女や五人囃子の並べ方も適当なのですが・・・・。

おまけに場所が狭くて全体的に窮屈。 ま、それっぽく仕上がっています。


話は変わりますが、こどもの頃、このお雛様の顔が大嫌いでした。

お友達のおうちのお雛様はみんなすらっとした別嬪さんなのに、我が家のは下ぶくれで目も細くてまるでこどものよう。

後で知ったのですが、これは木目込みと呼ばれる伝統的な技法で作られたもので、そのふっくらとした顔立ちが特徴なのだそうです。

30年以上前、歳若い夫婦が、娘の健やかな成長と幸せを祈って選んでくれたお雛様。

そのお雛様もまさか、フランスに来るとは夢にも思っていなかったでしょう。

今、私達の娘を優しく見守ってくれています。

その眼差しは30年以上変わらず、今なお、穏やかで優しさに満ち溢れています。





trackback: -- | 本文: 10 | edit

小さなお姫様の王冠 



cronne.jpg


お兄ちゃんのお友達の誕生日会に招待されました。

何度かお友達のお誕生会には招待していただいていますが、どこのご家庭も趣向をこらし、こどもたちが楽しく過ごせるように準備して下さっています。

今回は2時間半という短い時間の間で、クイズをしたり、ビンゴをしたり、工作をしました。

その合間に、ケーキは食べなきゃいけないわ、プレゼントの披露はしないといけないわで大忙しです。 


この王冠がその工作で作ったものです。 男の子は同じように厚紙とアルミホイルで作った刀が用意されていました。

折り紙やシールで飾りをつけるのですが、娘は大きいお姉ちゃんやお兄ちゃんの中に入っていくことができず、小さな星のシールがひとつだけ。

それでもとっても嬉しかったようで、ずーっとかぶっています。


trackback: -- | 本文: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。