Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

夕暮れ 

DSC_0578.jpg


日暮れが早い冬。

暖炉に火を点す。

火がぱちぱちはねる音、赤く燃える炭。 暖かく静かな時間。

好きなお場所で、お気に入りの本を読む。

なんてことないけど、すごく贅沢。



2Fで遊んでいた息子が、お母さーん、と私を探しにきた。

何?って聞くと

なんでもないんやけど、ちょっとお母さんの顔が見たくなってな、だって。


夕暮れはなんだかちょっと寂しい気分になるものね。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: 0 | edit

蜂蜜大根とヒヤシンス 

DSC_0585.png


今年は世界的にインフルエンザが大流行のようですね。

先週は息子が高熱でダウン。

今週は娘が発熱と咳でダウン。


咳で眠れない娘に蜂蜜大根を作ってみました。


ヒヤシンスは2週間ほど前に買ったものなのですが、温かいところに置いておくとすぐに開花します。

それが魔法みたいで、毎年こどもたちは大喜び。

娘にピンク、息子にブルーを買ったのですが鉢が小さいからか、こんな風に頭が下に下がってしまうのです。

簡単に育ち、見た目も華やかで香りもいい。

寒い冬のお楽しみの一つです。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ





trackback: -- | 本文: 2 | edit

絵の具と遊ぶ 

DSC_0420.png


お絵かきするには色鉛筆やフェルトペン、クレヨンなどさまざまな選択があるのですが、かなりの確立で絵の具を選ぶ娘。

いつもなんでだろう?と考えてしまいます。

大人なら汚れたり片付けるのが面倒で最初に選択肢から外すはずです。

何度も見ていて感じたことは、絵の具にはたくさんのおもしろい工程があってそれを楽しんでいるのかなと。

筆を水につける。 絵の具をチューブからだす。 色を混ぜてみる。 細い線や太い線がかいてみる。

スポンジに絵の具をつけてたたいてみる。 絵の具を手に塗ってみる。 最初はぬるぬるしてるけどだんだんかさかさに変化する...


DSC_0424.png


始めは筆を握っていますが、最後は手のひら全体に色をつけてスタンプのように。

汚れるのなんておかまいなしです。

歳が小さければ小さいほど絵はダイナミック。

絵の概念が少しづつわかり始める4~6歳の絵は勢いもあり、かつ画面の構成なども意識しているので素晴らしいものが生み出されます。





いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ




trackback: -- | 本文: 6 | edit

大切にしてきたもの 

DSC_0560.png


ずっと大切にしてき、そしてオーナーが変わった今も大切にしているもの。

ペンテルのサインペン。

これは私が小学校の2年生くらいのときに母親がベルマークを集めてもらってくれたものなのです。

折りたたみ式の緑のプラスチックケースに入れられた24色の贈り物。本当に嬉しかった。

物を買ってもらえなかったこども時代だからこそ、鮮明な記憶として残っているのかもしれません。

引越しを重ねるたびに「もう必要ないかな...」と何度も思ったのですが、手にとるたびに母親からもらった時の嬉しかった気持ちがよみがえり、結局捨てることができないまま一緒に色んな地を旅してきました。

いい思い出です。


グラデーションに並んだ色が美しく、使うのがもったいなくってずっと机の引き出しにしまっていたこどもの頃。

それから10年。 専門学校でデザイン画を描くのに大活躍してくれた私の右腕。

さらに20年近くが経った今、小さな手から素敵な絵が生まれる毎日です。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ









trackback: -- | 本文: 6 | edit

春待ち 

DSC_0534.jpg


ベルのような形をしたこれ。息子が学校で作ってきました。

小鳥のえさです。

台所の窓辺に吊るしました。

春になったら小鳥が食べにきてくれるかなぁ、と今からわくわくしている二人。

私も今から春を心待ちにしています。

我が家にたくさんの小鳥がえさをついばみにくるなんて、想像するだけでうれしくなります。


スイスはここ数ヶ月とてもグレーで、写真もどこか霞がかったように写ります。

PCも今まで使用していたものから主人のお下がりを使用することになったので、色の調整が難しい。

この1月に入ってからの写真、今までにくらべてかなり暗いのではないでしょうか?


カメラの調子もいまいちで、なんだかすべてがうまくいかない今日この頃。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ

















trackback: -- | 本文: 4 | edit

フロランタン タルト 


DSC_0527.jpg


フロランタンタルト。

簡単で美味しく、我が家では定番のお菓子です。

お隣のお家にご招待していただいた時に手土産として持っていきました。

フロランタンという名前からなんとなくイタリアが発祥かな、と思っていたのですがフランス菓子だそうです。

フランスのお菓子というとマカロンやメレンゲなど、甘くてかわいらし手の込んだ砂糖菓子のイメージですが、こんな素朴な焼き菓子もいいですね。

昨日はそういえば、ガッレト・デ・ロワをいただく日。すっかり忘れていました・・・・

(ガレット・デ・ロワとは??→

これも中がアーモンドクリームだけのシンプルなお菓子ですが味にボリュームがありおなかいっぱいになります。



trackback: -- | 本文: 2 | edit

 

DSC_0509.jpg


太陽があまり出ない地。

日中は雨降りが多くなかなか外に出かけられません。

夕方、雨上がりの西の空に綺麗な夕焼けが。

沈みそうな太陽を追いかけるように、急いで長靴を履いて家を飛び出しました。


DSC_0499.jpg


町の西側は湖で市民の憩いの場所。

ここには信じられないくらいの白鳥とかもめがいます。

娘が投げるパンに引き寄せられ、あれよあれよという間に白鳥がいっぱい。


DSC_0487.jpg


たくさんのかもめに混じって、娘にもなんだか羽が生えたような写真がとれました。(というか、ペンギンみたいですね。)


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ





trackback: -- | 本文: 2 | edit

お菓子作り 

DSC_0454.jpg


娘は学校が大好きなのですが、スイスは4歳にならないと入学できません。

フランスではたったの2ヶ月間でしたが喜んで通学していたので、こちらに来てからで少し寂しそうです。

私はお友達がいなくなった...とつぶやくことが多いので娘の気がまぎれることをしています。

何をしたい?と聞くと、お菓子を作りたいというので簡単なものを一緒に作っています。


DSC_0474.jpg


大人でもこの環境の変化にはなかなか慣れないのですが、娘も小さいながら心を痛めているようです。

お隣に住んでいたおばさん、いつもなかよく遊んでいたお友達...いつもの公園。

優しかった学校の先生、朝日がきれいに見える前のおうち。

少しづつ、またこの場所が居心地よくなるように一緒に歩んでいきましょう。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ





trackback: -- | 本文: 2 | edit

胡桃の船 


DSC_0102.jpg


お正月。

早起きした娘の初遊びはピーナッツと胡桃。

胡桃をお船に見立て、殻つきピーナッツがお父さんとお母さん。小さいのが赤ちゃん、らしいです。

割った胡桃をあわせると宝箱。


DSC_01022.jpg


こちらはパパの作品。

オレンジの皮で作ったオレンジくん。

なんだか不機嫌な表情がかわいらしい。


新しい台所の窓からはブルーががった少し冷たい、透明な光が入ってくる。

凛とした空気感が美しい。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ







trackback: -- | 本文: 0 | edit

bonne année 2013 


DSC_0330.jpg


スイスに到着し早2ヶ月。

引越しの荷物を片付けたり、こどもたちが早く新しい環境に慣れるように手助けしたり、クリスマスを迎える準備をしたりと、生活の基盤を整えることでいっぱいいっぱいな2012年でした。

ブログの更新も気になっていたのですがなかなかパソコンに向かう時間さえなく、やっと少しづつしなければいけないことも片付き始めるとともに、心も整理することができました。

長らくお休みしていたブログですが2013年という新しい年とともに新しいスタートをきりたいと思います。

いつも応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

場所はフランスからスイスへと変わりましたが、国がかわっても生活のスタンスというのはあまり変わりなさそうです。

好きなお針仕事と、こどもたちの成長をのんびり綴っていきたいと思います。


皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ









trackback: -- | 本文: 10 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。