Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

常備お菓子 


DSC_1236.jpg


常備薬や常備菜という言葉がありますが、我が家はもっぱら常備お菓子。

ここスイスは物価が高い上に、あまり美味しいとおもうお菓子がありません。

そこでいつでも気軽につまめるお菓子を作り置きすることにしました。

一枚が大きめのチョコチップクッキー。

日によってココナッツをいれたり、アーモンドを入れたり、クランベリーにしたり。

バリエーションが豊富なので飽きずに食べられます。


ところで、このクッキーの上にかぶせてあるガラスの蓋?(と言うのでしょうか...)、実はチーズの匂いがもれないように被せるものなのです。

主人のおばあちゃんが使用していたものなのですが、ガラスのところどころに気泡が入っていてとても素敵。


DSC_1239.jpg


娘と三時のおやつにいただきまーす。

実は一緒にバニラアイスも作ったのでそれも添えたいところなのですが、晩ごはんのデザートまで待つことにします。



                           ブログランキング・にほんブログ村へ










スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: 0 | edit

アンティークコレクション 

DSC_1210.jpg


小さな肩を可愛らしく飾る、そんなテーマのお洋服です。

繊細で複雑に編み上げられたアンティークのレースに、空色のシルクリボン。

クリーム色の花柄生地は柔らかく薄いのでたっぷりとギャザーを取ってもとても軽やか。


長い間、少しづつ集めてきた古いレースやリボンを使用し、世界に一枚のお洋服を作り始めました。

前回のピンクのドレス同様、扱う素材がとても繊細なのでほとんどが手縫いになります。

自分の中で アンティークコレクションという名前をつけ密かに楽しんでします。


DSC_1214.jpg


それにしても、毎日毎日本当に忙しくてあっぷあっぷ....。

ブログにアップしたいことはたくさんあるのですが(もう遅いですがお雛様のこと、今月末の復活祭のこと....)、体と時間が追いついていないのです。

毎日なにかしろ作っているので、それもブログに....と思いながら写真さえ撮れていない状態。

というのも息子が、週の半分以上お昼前に帰宅するのです。

昼ごはんの用意をして、おやつを一緒につくって、学校の宿題をして、日本語をすこしやって、お外に遊びにでて、晩ごはんを作って、お風呂に入れて.....

もう、息つくひまもないほどです。


というわけで、私の至福のお針子時間は最近、早朝にチェンジ。

朝型生活というのがはやっていますが、ここスイスは伝統的に朝型。

7時には会社で働いている人もいるし、8時にはショッピングができます。学校も早いところは7:30始まり。

早寝早起きも悪くはないなぁ、と思う今日この頃です。
                           

                           ブログランキング・にほんブログ村へ










trackback: -- | 本文: 8 | edit

お誕生日のドレス 

DSC_1068.jpg


娘へのお誕生日プレゼントができました。娘の大好きをこれでもか!というほど詰め込んだワンピースです。

気に入っていた花柄のプリントの生地にアンティークのレースをたっぷり。

ボタンはチェコスロバキア製の硝子ボタン。美しくカットされています。

見えない部分にもお洒落心をのぞかせて...まるでキャンディーの包み紙みたいなピンクのストライプのバイアステープを選びました。

生地やレースとのバランスを取るために、わざわざ紅茶で染めてアンティーク風に。

自分でも、よくやるなぁって思います(笑)


DSC_1075.jpg



娘のテンションがあがりまくりで、抑えるのが大変。

この格好で雪の中を出て行こうとするのですから。

それもそのはず、お兄ちゃんのお下がりばかりでそういえばあんまりこういう服持ってないのです。


天気がよくなったら森の中で撮影してみたいと思います。


                           ブログランキング・にほんブログ村へ








trackback: -- | 本文: 14 | edit

世界に一枚のドレス:物語を繋いでいくお仕事 


DSC_1102.jpg


ここ数日とてもわくわくすることと、考えることがいっぱいでそちらに集中しておりました。

そんな中、私のブログに変わらず遊びに来てくださっている皆様本当にありがとうございます。

まず一つ目は、去年の秋にご依頼いただいていたお洋服が完成したことです。

詳しくはここに!

アンティークのレースと袖を使った、少女のためのドレス。

どんなデザインにしようか、素敵な人あの人が思い描く夢のドレスはこういうイメージかな....

製作途中、デザインのご意向をお問い合わせしたのですが、

”私は全てをÏtoさんにお任せして、到着を楽しみに待ちたいと思います。
まちがいなくピタリ!と来る仕上がりになることを直感的に感じておりますので☆"

という涙が出るようなお返事が....

素材の特性上、8割が手縫いでの仕上がりです。

時間とともに弱く脆くなっているレースを補強しながら少しづつ針を進める。

ミシンの針では針穴が大きすぎ、レースを傷めてしまうのです。 細い細い縫い針で一針づつ心をこめて....

私のお仕事は、物語を次の時代に繋いでいく架橋のようなもの。

誰かが何年も大切にしまっていたわずかなレースの切れ端。

きっと捨てられなかった理由があるはず。

娘が最初に来たベビードレスの名残、お母様から引き継いだもの、娘のために作ったお洋服の残り....

過去の物語に新しい命を吹き込み、物語を繋いでいく。

そんな仕事を誇りに思います。


最近、”~~を作っていただけますか?”というメッセージをいただくことがあります。

特別な日の一枚、過去記事のあのお洋服、展示用.撮影用ETC....

ぜひご相談ください。もしかしたら、お力になれることがあるかもしれません。

ご連絡はこちらまで→ atelieriito☆gmail.com(星を@にして送信してください。)


そして娘のお誕生日用のお洋服が出来上がりました。

ピンク、お花、フリル、レース、ガラスのボタン....女の子の憧れをいっぱい詰め込みました!

とってもかわいく出来あがりましたので、これは明日のブログで。


最後になりましたが、少し考えるところがありこども達が写っている記事を削除することにしました。

親と同じ目線で我が家のこども達の成長を楽しんでくださっていた皆様、今まで本当にありがとうございました。

またいつの日か、お目見えすることもあるかもしれませんがしばらくお休みをいただきますね。

二人とも元気いっぱい、楽しい日々を過ごしておりますのでご心配なく!



                           ブログランキング・にほんブログ村へ
















trackback: -- | 本文: 10 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。