Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ぱっちん。ぱっちん。 



sentaku2.jpg


洗濯ばさみ、購入しました。

今まで使っていた木の洗濯ばさみは見た目はかわいいんのですが機能性はいまいち。

ちょっと力の入れ具合が悪いと、ばらばらに解体されるのです。

なので、こんどはストレスがたまらないようにとプラスチック製を買ったのにもかかわらず、ばねの仕組みは同じで、結局、意味のない買物に終わってしまいました。

やっぱり、洗濯ばさみは日本製が一番です。安いけど、本当にあなどれない!


setaku1.jpg


というわけで、こどもたちのおもちゃに変身です。

5歳の息子はつまむ力は十分にあるので、紙をはさんだり、二つをかみ合わせてブロックのように遊んだりできます。

2歳の娘は、つまみ方から教えてあげないといけません。

なにせ、大人でもつまみ方が悪いと解体するような洗濯ばさみですから、うまくさ挟めるようになるまでまで根気がいります。

何度も何度もやって、ようやく上手に「つまむ」「はさむ」という動作が出来るようになりました。

色違いに並べたり、ゲームのように交代ではさんでいったり・・・・。

良いおもちゃというは、案外、生活に密接な場所にあるのではないかと思います。

trackback: -- | 本文: 2 | edit

この記事に対するコメント:

初めてのコメントです。

始めまして。
突然のコメントを失礼いたします。
日仏の関係で調べ物をしていたところ『モンテッソーリ』という単語が目に付きブログを拝見させて頂きました。
私も日本のモンテッソーリ学園を卒園し、その後園長先生のはからいで高校生からお手伝いという形でモンテッソーリ学園でお仕事をさせて頂きその後もモンテッソーリ教育を伝える立場として触れさせて頂いて参りました。
モンテッソーリ教育は手先を使い、感じ、自ら考え不思議に思ったり納得したり。それは子供にこうするのですよ!と教えるのではなく養育者や教育者自らがそう行動し、発想の展観を活かして生活する。それを子供達は見て真似て理解して習得して行くのですね。
【Atelier Ito】様の記事を読ませて頂いて本当に胸がギュッとなりました。それは Ito様(で宜しいでしょうか?)の何でも楽しんでみちゃう生活スタイル,チャレンジしてみちゃうスタイル,発想の転換で使えないからだめだわ。ではなくじゃあ、どうする?という目に見えてる物だけでなく自分で作り出すスタイル。素晴らしい!!と感じたと同時に私もモンテッソーリに触れていた者として少しショックも頂きました。私は預かっていた子供達に何のひらめきを与えられだろうと。長くなってしまってごめんなさい。とても素晴らしいブログなので(>_<)これからも沢山の刺激とアイディアを受けにお邪魔させて頂きます☆

Kayoko #- | URL | 2012/02/21 08:52 * edit *

☆kayukoさん☆
こんにちは!そしてはじめまして。ちょっと風邪でダウンしていて返信が遅くなってしまってごめんなさい。数あるブログの中から私のブログに遊びに来てくださったご縁に感謝いたします♪
kayokoさんはモンテッソーリの理念の中で成長し、大きくなってからは客観的にモンテッソーリに関わられてきたのですね。本物に触れられたなんてなんて羨ましい!
私のは自己流なので、プロの方から見れば叱責を受けそうなのですが(がくがく・・・。)いつも思っているのは「やりたいことを集中して出来る環境を作ってあげたい」ということなのです。
学生の頃、夢があってそれにがむしゃらに向っている時がありました。どうしても、どうしても叶えたくてそのことを1日も考えない日はありませんでした。その頃の自分には「デザイン画を書く」というのが全てで、どんな場所でもどんなときでも常に紙と鉛筆を離すことはありませんでした。私にとっての4年間と言う学生期間は、それこそ4年間が持続する集中現象だったと思います。(そのために、諦めざるをえなかったこともたくさんありますが。)
集中すると、もっともっとやりたくなってきます。その、「もっともっと!」が生きる原動力なのではないでしょうか。kayukoさん、モザイクの分野で頑張ろうとしてらっしゃるのですね。私と違ってまだまだお若い!(笑)同じフランスの空の下、陰ながら応援しています。

Ïto #- | URL | 2012/02/22 19:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。