Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

本日の戦利品 


feve1.jpg


今日は朝から家の近くのフリーマーケットにいってきました。

最初に見つけたのこは、これ!

琺瑯に黒のラインがきりっと入った大好きなデザイン。

カップのようにも、大きなボウルのようにも見えますが・・・・・実は昔々の尿瓶です。

昔はトイレが外にしかなかったので、ベッドの下にこれを忍ばせておいて用を足したそうです。

売っていたおじさんには、「花を生けたらどう?現代的な使い方を考えてね。」なんてアドバイスされました。

ところで、中に何か入っています。


feve2.jpg


これはフェーヴと呼ばれ、1月に食べる伝統的なケーキの中に入れる陶器のお人形です。

ケーキを切り分けて、フェーヴが入っているパートにあたった人はその1年間幸せに暮らせるといいます。

私も気が向いたらコレクションをしていて、気がつけば結構な数になっていました。

こどもたちもなぜかこのフェーヴが好きで、台所に来ては「これで遊んでいい?」と聞きます。

確かにいろんな人物や動物、はたまたケーキやコーヒーカップなんていう変り種もあり、ごっこ遊びをすると楽しいんですよね。

このフェーヴでちょっと楽しいアイディアが沸いてきたので、買い足しました。

そのアイディアはクリスマスあたりにお披露目する予定です。

最後に木の蔓で作られた頑丈そうなパニエも買いました。

いつも出掛けるのが遅くてなかなか掘り出し物に出会えないのですが、今日はそれなりに満足な結果となりました。

trackback: -- | 本文: 2 | edit

この記事に対するコメント:

こんにちは

実は今一気に全記事を読みました。読めば読むほどItoさんの記事と写真の魅力にひきこまれていきます。読んでいたら、エリオット・アーウィットさんが好きだということ発覚。私は写真家に詳しいわけではないのですが、彼の写真集だけ持っています。まだ学生の頃、近くで開催されていた写真展ですっかりファンになってしまい。私の唯一が、Itoさんも好きだと知り嬉しくなりました。それから絵本と紙の生活も素敵だと思い、早速我が家もコピー紙を自由にとるスタイルにしようと思います。
長々とすみません。私は日本でごく普通に俗世間にまみれた生活を送っていますが、Itoさんのブログからこれからもヒントをもらいたいと思います。
あ、つい最近一般雑誌のライターの仕事が決まり、いつかItoさんを紹介する機会がもてたら・・・なんて今日ふと考えました。
ブログ、リンク貼らせていただきますね。

ANNA #sSHoJftA | URL | 2011/09/26 15:07 * edit *

☆ANNAさん☆
はじめまして。私のブログを一気(!)によんでくださってありがとうございます。こういうコメント、すごく嬉しいです。
私もごくごく普通の主婦なんですが、生活を楽しむために、自分を磨くために毎日楽しいアイディアを考えています。というか、妄想の域です(笑)
それはそうと、ご就職おめでとうございます!いつか、私のブログを紹介していただく日・・・・考えただけで胸がわくわくしますね。その日を楽しみにブログ内容を充実させていこうと思います。
リンクありがとうございました。私のほうからも遊びに行かせていただきますね。

Ïto #- | URL | 2011/09/26 22:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。