Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

最近のお薦め映画2本 


biutiful.jpg         hikari.jpg


映画が好きでよく見るのですが、最近見たものでお薦めのものを2本紹介したいと思います。

どちらも家族がテーマで、ぐっと心に残る作品です。

すでに日本でも紹介されているようですね。


::BIUTIFUL(邦題:ビューティフル)
http://biutiful.jp/index.html


::SUBMARINO(邦題:光のほうへ)
http://www.bitters.co.jp/hikari/


タイトルはいずれも美しく希望に溢れていますが、ストーリは対照的にやるせない内容です。負の連鎖なのです。

家族が題材なので親になった人は親の目線から、子は子の目線からと感じ方も変わってくると思います。


話は変わりますが、BIUTIFULでお父さん役を演じているハビエル・バルデム。

ご存知の方も多いと思いますが、女優ペネロペ・クルズの旦那様です。

私はペネロペ・クルズが大好きで、(実は劇場で使われる特大のポスターも持っているくらいなのですが。)以前から「どんな人が彼女のお眼鏡にかなうんだろう?」と楽しみにしていました。

選んだ生涯のパートナーは同郷のスペイン人であり、演技派の俳優。

なんだかとっても納得してしまいました。お似合いのカップルだと思います。


trackback: -- | 本文: 2 | edit

この記事に対するコメント:

私もペネロペ好きなのです!Beautiful気になっておりました。
でも…この俳優が出ているとなんか見た後重いような気が。
偏見はいけませんなぁ。芸術の秋、ちょっとチャレンジしてみようかな。

マエジマン #- | URL | 2011/10/26 10:43 * edit *

☆マエジマンさん☆
こんにちは!やっとここで会えましたねー。
この映画、重いですが見る価値ありです。2時間半弱とちょっと長いのですがぐんぐん引き込まれます。そして何度も泣けるシーンが・・・・・。見たらぜひ感想お願いしますね!(日本じゃもうDVDになっているのかな?)
ペネロペ、いんですよね。あんな女性になりたい・・・・。

Ïto #- | URL | 2011/10/26 21:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。