Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ドールハウス② 



house.jpg


色を塗って組み立ててみました。

遠目ではあまりわからないのですが、マスキングテープをはがすときにペンキも一部一緒に取れてしまいました。

見た目が悪いので、わざとアンティーク風にもっとはがすか、再度きれいに塗りなおすか悩んだのですが結局きれいに仕上げることにしました。

アンティーク調ではなく、娘にいっぱい遊んでもらって本当のアンティークにしてもらいたいので!

組み立てるのも意外と難しかったです。

というのもペンキを塗ることによって厚みが出て、うまく組み合わないのです。

やっぱり、木工は奥が深い・・・・。

ペンキじゃなくてステインで仕上げれば良かったかな・・・・と後悔先に立たず。

来週あたり、もう一つ木工プロジェクトがあるので今度はステインに挑戦です。


明日からは、カーテンなどの小物を製作し、できるかどうかわからないですがちょっとした家具も作りたいなと思っています。

trackback: -- | 本文: 6 | edit

この記事に対するコメント:

わあ・・・すごーーいい♪
素敵なドールハウス・・・本当のアンティークにしてもらいたい^^
その気持ちよく分かります・・・
我が家のドールハウスは、私が小さいときに使っていたシルバニアファミリーの
ハウスをリメイクしました^^
30年近く前の自分が遊んでいたモノを娘が使う・・・
そんな小さな喜びを大切にしたいですね^^
木工プロジェクト・・・家具製作とっても楽しみにしています♪
リンクをいただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします^^

saku #- | URL | 2011/11/16 15:50 * edit *

わあ~、素敵なドールハウス!
作っちゃうなんて凄いですネ。
私も子供の頃、こんな夢のあるもので遊びたかったなあ~。

私田舎育ちで、思い出す遊びは長靴履いて網もって川へ行ったり田んぼへ行ったりすることでした(笑)乙女らしいこと、あんまりしなかったなあ~~

Dippy #3H6oUzJw | URL | 2011/11/16 19:20 * edit *

☆sakuさん☆
シルバニアファミリー!懐かしいですね~。我が家は女子が3人もいるのにそういう女子系のおもちゃはなかったんですよ。今から思うと「ねだっても買ってもらえないだろうなぁ~」というのが子供心ながらあったんだと思います。
なので、子供の頃の自分が欲しかったものを今再現しているようなものです。あはは。
よいおもちゃはそれこそ次世代に回せるので、ちゃんと保管しておいてくれたsakuさんのお母様に拍手!
リンク、どうぞどうぞ持って帰ってください。ありがとうございます♪

Ïto #- | URL | 2011/11/16 20:44 * edit *

☆Dippyさん☆
このドールハウスはキットなのでカンタンなんですよ。さすがに、私は木を切ったりは無理です!
色を塗って、組み立てるだけ。けっこう大きいので置く場所にドキドキです。場所がない~。
私も子供時代は、山か向かいの川が遊び場ですよ!(笑)網持ってイモリ採りとか!
あの頃実現できなかったこと(夢だと思っていたこと)を娘に無理やり託してるかんじでしょうか?(ありがた迷惑だったりして。)

Ïto #- | URL | 2011/11/16 20:50 * edit *

素敵すぎる~!

うわ~、とっても可愛くて画面に釘付けになっていました。

カーテンやら家具やらも手作りで、それが子供の遊び道具になるなんて本当に素敵です。
子供が遊んでいくうちにアンティーク風になっていきますね~。
そして、子供が大きくなってからもきっとお子さんはこれはママが作ってくれたものって大事にしてくれてそう~。

メディ #eP1cGWnA | URL | 2011/11/16 21:49 * edit *

☆メディさん☆
これ、ドールハウスのキットなんですよ。だからぶっちゃけ、誰でもできる!(笑)私、色を塗っただけですから~。
カーテンはともかく、家具って作れるのかな?テーブルとかベッドとか四角いものはできそうだけど、椅子なんかはちょっと無理かも・・・。(我が家の木のストックでは。)できなかったら、家だけプレゼントなんですが、それって全然おもしろくないですね!あはは。

Ïto #- | URL | 2011/11/16 23:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。