Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

日本語教育 



usa.jpg


最近、こども達の日本語教育について考えています。

外国に在住しながらどこまで出来るのか?

どういう方法があるのか? 漢字の音読み、訓読みってどうして教えるのか?

私は国語の先生でもないし、ましてやスペシャリストでもないのであーだ、こーだ悩んでいます。

早期教育には興味はないのですが、息子は3歳の時、つみきで遊びながら50音を覚えました。

あれから2年・・・・。

今度はなんとかカタカナにステップアップを・・・と思いながら、全く進展していない!

それもそのはず、何もせずに放置しているのですから・・・・。

こればかりは、教える側の親に持続力がないと無理だなぁと思うのです。

言語はあくまでも自分の考えを伝えるツールであって、もっと大切なことはたくさんあります。

ましてやフランスで生きていく以上、第一言語のフランス語をしっかり身に付けることが先決なのですが・・・・。


それでも母語の美しさを伝えたい。 出来るところまで一緒に頑張りたい。

そのためにまずは自分のモチベーションをあげる必要があると気づきました。

「継続は力なり。」

私の好きな言葉。

今日のこの日の思いを忘れないように、ブログに宣誓しておきます。


trackback: -- | 本文: 10 | edit

この記事に対するコメント:

私も

全く同感です。
まずは親がモチベーションを保たなければ・・・
お互い様、がんばりましょう!

椿すみれ #- | URL | 2011/11/17 12:12 * edit *

私も

私もモチベーションを維持して頑張ります。

就学する頃の年齢になると、話し言葉だけじゃなくて読み書きも気になって来ることでしょう。私は少しだけ応用言語学を学んでいましたが、親の態度がバランスのとれたバイリンガルになれるかどうかを左右する…とその言葉が私をあせらせたり、これでいいんだ、と思わせたりしています。

私は息子に、オーストラリアに住んでも日本に住んでも困らないくらいどちらの言語も使いこなせて、将来、色んな選択肢を持って柔軟に生きていって欲しい、と思うのでした。とっても難しいんでしょう(汗)



Dippy #3H6oUzJw | URL | 2011/11/17 14:06 * edit *

我が家でも

まだ子供はいませんが、
最近話題になっていたのでついコメントしちゃいました。

私の母国語は日本語、彼はベルギー人で母国語はフランス語
私たちの共通言語は英語。

日本に住んでいるので日本語は心配していないのですが、
彼の家族と話すにはフランス語が必要なことを考えると、
日本語、フランス語、英語をどう教えていくのか!?

いつも答えのでないまま。。。

子供ができたらもう少し答えが近づいてくるのでしょうか!?

tamaki #H6hNXAII | URL | 2011/11/17 15:06 * edit *

同感です

うちもです。
上の子4歳で9月から学校へ行き始めました。
それまでは日本語の方がまだ話していた方だったしと思っていたけれど、やはり学校へ行き始めて数ヶ月でみるみると英語が上達してきています。
そして、日本語はなかなか出てこなくなりました。
それでも、私は日本語で話しかけてはいますが・・・・・。
どこまで日本語を教えるか、私どうしたものか~と思っていたところです。
最近アルファベットを学校で習ってきているので、もちろんそれはこちらで生活していくうえで必要だけれど、ひらがなも書こうと思って欲しいな~と。

親が頑張っていかなきゃいけないんだな~とヒシヒシ感じています。

メディ #eP1cGWnA | URL | 2011/11/17 23:49 * edit *

お久しぶりです、こんにちは、

外国に住んでいらっしゃる方、配偶者が外国の方の間での言語は色々考えさせれれますね
私の場合、上の二人は日本での初等教育を受けた後アメリカに戻ったので、日本語会話、平仮名カタカナの読み書きは心配しませんでしたが、ムスメの場合全然読み書きの基礎がないままでしたので、心配しました。 が、こちらの日本語補習校へ入れる事は考えませんでした。 その代わり、私は子供達に対し一貫して日本語、子供が英語で答えても日本語 (読み書きはムスメが大きくなって、自分で学習意欲がわいてからでも遅くは無いと思い全然教えはしませんでした) 
そして、夏休みに日本へ帰省する時は1ヶ月半ほど滞在して、日本の学校への体験入学  (これは3年に一度でしたが・・・)


現在、子供達は英語主体の生活をしています。
日常の生活で日本語を使う事はほとんどありません
ですが、家に帰ってくると私に対してはちゃんと日本語で接してくれます

皆さんの言われるとおり、今、自分達親が出来る事を子供達にしてあげればよいのではないでしょうか(子供にも親にも無理のない程度に)
そのためには、親が出来る事を見つけ、考えをきちんと持つ事だと思います
子供はとても柔軟な脳を持っています
今、出来ない事でもその子の意欲で後日できる事もあると思います

長文なりすみませんでした。
皆様の子供さん達が、日本の心を少しでも学ばれる事を願います

言語は親から子供達へのギフトだと思っています

トッカン #R5A2vTAE | URL | 2011/11/18 01:46 * edit *

☆椿すみれさん☆
この間まで赤ちゃんだと思っていた子が、あーーーっと言う間にフランス語をぺらぺら話すようになってしまいました。(当たり前なのですが。)長男なので学校に入るまでは二人で日本語の本をたくさん読んだり、歌を歌ったり手をかけることができました。なので読解力はそこそこあると思うのですが・・・・。やはり、そこから伸ばすのが難しいのです。お互い頑張りましょうね。

Ïto #- | URL | 2011/11/18 05:12 * edit *

☆Dippyさん☆
「親の態度がバランスの取れたバイリンガルになる!?」あーー、気が遠くなりそうなお言葉・・・・。
やっぱり、きちんと日本語教育に力をいれてらっしゃるお母さんは、それこそ朝6時におきてお勉強とか「さすが!」と思うことをやってらっしゃいます。やはり「継続は力なり」で、毎日、毎日続けることの大切さを痛感しております。
日本語は出来て欲しいけど、それ以上に自分の興味のある分野に取り組んでほしい。
なので結局、そこまで無理強いはできないのですが・・・。ほんと、バランスが難しいです。

Ïto #- | URL | 2011/11/18 05:20 * edit *

☆tamakiさん☆
tamakiさんはこれから直面する問題ですよね~。結論は、結局なるようにしかならない!(笑)
知り合いは、パパがイギリス人で、ママが日本人。フランス在住です。
パパとママは、自分の母国語しか話さないという方針を貫いてらっしゃいます。なのでお子さんは英語も日本語もしゃべります。
でもこれから先フランスに在住する以上、この子の思考回路はフランス風になるんだろうなぁって言ってました。
周りを見ているとどこの子もある程度の会話はできるんですよね。なので、どこを目標にするかで感張りも変わってくると思います。

Ïto #- | URL | 2011/11/18 05:26 * edit *

☆メディさん☆
我が家も学校に行き始めてから、フランス語がめきめき上達し今では私にもフランス語で話しかけてくる始末です(涙)
日本語で話しかけても、フランス語で答えるので意識して「それは日本語でなんというの?」と聞きかえさなくてはいけない重症レベルです・・・・。
なんとか、楽しく遊びながら学ぶ方法を考え中。いいアイディアがあったら紹介しますね~。

Ïto #- | URL | 2011/11/18 05:32 * edit *

☆トッカンさん☆
あー、こんなところに大先輩が! 貴重なアドバイスをありがとうございます。
日本語を頑張って教えよう!と思う反面、でも言語は自分の努力しだいで習得できるものなんだといいうのも頭の片隅にあるんですよね。
なのでトッカンさんがおっしゃるとおり、自分もこどもも無理のない程度が自分には一番合っているような気がします。

日本語をきちんと学ばせて就職に生かしてほしい、とかそんなことは全く考えていないのですが、親心としてはできれば日本語の本が読めるようになって欲しい。

たとえば石田衣良さんが直木賞を受賞された4teenという本なんかは、軽くて読みやすい上に内容もすごくいいので多感な中・高生位でぜひ読んで欲しい1冊なのです。(私は大人になってから読んだのですが、十代の頃に読みたかったなぁと思いました。)
そこまで持っていくには、最低でも6年生くらいの漢字は出来ないと無理なのですが・・・・。

言語は親から子供達へのギフト、本当におっしゃるとおりですね。
先は長いですが、すこしづつ前へ進めたらいいなと思います。




Ïto #- | URL | 2011/11/18 05:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。