Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

その先に見えるものは? 



sougannkyou.jpg


二人並んで仲良く観察しているものは・・・・・・。

超至近距離のクリスマスツリー。

そして妹はお約束どおり、双眼鏡を反対側から覗いています。(笑)

こどもはなぜ、反対側から覗きたくなるのでしょう?  お兄ちゃんはもう間違いませんが。


sougankyou2.jpg


この双眼鏡、ひいおじいさんの形見なんです。

余生を海辺で過ごしたひいおじいさんは、この双眼鏡で家の前を通る船を観察したり、海を眺めて楽しんでいたそうです。

息子はとても小さいときからこの双眼鏡が大好きで、結局おじいちゃんがプレゼントしてくれました。

右側は小型の望遠鏡。

今年の夏はキャンプに持参して、星を眺めていました。


ひいおじいちゃんが覗いて、おじいちゃんが覗いて、パパが覗いて、息子が覗く双眼鏡。

時代を超えてその先に見えるものは、同じものか? はたして違うものなのか?

壮大なロマンを感じる家族のヒストリー。


trackback: -- | 本文: 4 | edit

この記事に対するコメント:

なんて感動的なエピソード!この双眼鏡、とってもおしゃれ☆
これから先、どんなものを見せてくれるのかしら~

マエジマン #- | URL | 2011/12/22 17:18 * edit *

素敵なお話ですね!
ひいおじいちゃんと過ごせたなんて、息子くんは幸せですね。
この双眼鏡、また次の世代へ受け継がれていくのでしょうね!

caianina #JalddpaA | URL | 2011/12/22 18:22 * edit *

☆マエジマンさん☆
古いものにはなんらかのストーリーが隠されていますよね。なんだか、わくわくします。
願わくば息子が自分のこどもに託してくれればいうことなしです!

Ïto #- | URL | 2012/01/01 05:46 * edit *

☆caianinaさん☆
いえいえ、息子はひいおじいちゃんとは過ごせてないんですよ~。おじいちゃんが自分のおとうさん(つまり息子からみればひいおじいちゃん)から受け継いだものを、頂いたんですよ。さらに言うと、パパ(息子)を飛び越して孫へ(笑)
大事にしてくれるといいのですが・・・。

Ïto #- | URL | 2012/01/01 05:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。