Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

理科少年2 



abura.jpg


一見、変わったデザートに見えますが・・・・・。 デザートではありません。

娘のお昼寝中に、新しい理科実験に挑戦。

ちなみに前回の実験は・・・・これでした。

サラダ油をコップに入れ、その中に氷をいくつか浮かべます。

その氷の上を伝わせるように、液状の食紅(又はインク)を少しづつ落とすと・・・・・

あら、不思議。

氷からぽとん、ぽとんと垂れ下がるように雫の玉ができるんです。

赤の食紅を落としたときには、息子大感激。

「わ!!!いくらみたい~~~!」(←大好物なもので・・・・。)


仕事から帰ってきたパパに、今日の実験ことを嬉しそうに語っていました。根っから理数系の主人は、

「で、この実験からわかったことは何?どう思うの?」と息子と話し合っていました。

確かに、そこが大事。
trackback: -- | 本文: 6 | edit

この記事に対するコメント:

きれい~♪
ほんとに美味しそうなデザートに見えますね^^
フォークに騙されましたぁ(笑)
理科は苦手女子でしたが、水にドライアイスを入れるだけで
いまだにワクワクするオバサンです^^;

↓大阪では滅多に雪は降らないので、冬になってもタイヤは入れ替えませんょ^^
なので、雪が積もるとパニックです。
歩き方さえわからないし・・・長靴さえ持ってません^^;

yuko #- | URL | 2012/02/09 17:36 * edit *

私も大感激ー子どもです☆

マエジマン #- | URL | 2012/02/09 18:08 * edit *

☆yukoさん☆
水にドライアイス、わくわくする気持ちわかります!こどものころは、なぜかスターになった気分♪当時の歌番組では、ドライアイスで登場する歌手が多かったのでその影響かと(笑)
やっぱり、大阪人はタイヤ替えたりしないんですね。社会人の頃は大阪に住んでいたのに知りませんでした。
そしてたしかに、大阪で長靴はいてる人も見たことないかも!

Ïto #- | URL | 2012/02/10 18:55 * edit *

☆マエジマンさん☆
我が家のベビーシッターとして採用したいくらいです(笑)一緒になって楽しんでくれそうですね♪

Ïto #- | URL | 2012/02/10 18:56 * edit *

子供の頃ってこういうことって大好きですよね。
世界は不思議に満ちている。
子供は好奇心で一杯。
そんな子供の好奇心を満たすには
ほんの小さな不思議だって十分。
私も子供と一緒にいろいろやってみたいと思います。

yuka #Lis.ZDmI | URL | 2012/02/12 03:53 * edit *

☆yukaさん☆
こどものころやって楽しかったことってたくさんあるのですが、今は出来ないことも多くて残念です。
たとえば、泥団子とか作りませんでしたか?最初は水でべちゃべちゃしてるんですが、粒子の細かい砂をどんどん重ねていくことで強度を増し、最後はつるつるに黒光りしたお団子が出来るんです。(って、マニアックすぎましたか?!)
そういう遊びって案外根気がいるし、集中力も必要。そして「この団子は、いったいどれくらいの高さから落としたらつぶれるだろう?試してみるか。」とかいろんな疑問→実験につながっていきます。

こういうことって本来は親から教えてもらうことではなく、こども同士で受け継がれたり変化していくものだと思うのですが
悲しいかな、我が家のこども達もそうですが大人に守られすぎている感が少しありますね。
時代が時代なので、昔と同じと言うわけにはいかないのですが・・・・。 私がこどもの頃はもっと自由だった気がします。

Ïto #- | URL | 2012/02/12 07:13 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。