Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

空色の紙箱 


DSC_1081.jpg


こんな美しい空色の紙箱を見つけました。

ラベルには「ミニパスタ」と書いてあるので、小さなマカロニみたいなものが入っていたのでしょうね。

再生紙のような紙でできた箱はエコロジーだし、インテリアにもなる素敵なデザイン。

パスタの箱でさえ感動的なほど美的。



ところで、フランスでは今朝大きな事件が起きました。

ユダヤ系の中学・高校で発砲事件があり、無残にも何の罪もない人たちが命を奪われてしまったのです。

殺害された中には幼いこどもが含まれ、犯人は逃走中ということです。

数日前にも同じ人物により、仏軍兵士が銃撃・殺害されるという事件があった矢先のことでした。 


この事件を耳にしたとき、1999年に起こったアメリカのコロンバイン高校の銃乱射事件が頭をよぎりました。

正直、銃や殺人なんてどこか遠くの国の出来事、映画やTVの中の出来事で自分には無関係だと思っていたのに、悲しいかな、こんな身近で起こりうる時代になってきたのだと実感せずにはいられません。



人を疑ったり警戒したり、そんな生き方はできればしたくないのに。

この世はいいところなんだと思いたいのに、それさえ難しくなっている世の中なんだ。


trackback: -- | 本文: 6 | edit

この記事に対するコメント:

今朝、こちらのニュース番組でも報道されていました。

世の母親は、子供たちの安心・安全・平和な世界を願っているのに、なぜこうも辛く悲しい事件が起きるのでしょうか。

過去の惨事から学習しても学習しても、戦争や殺戮はなくなることがないのかな。

はっさく #- | URL | 2012/03/20 16:19 * edit *

日本だと銃声かどうかも不確か

きっと 私が聞いた事ない銃声聞くと『パンク?』かなくらいに日本は銃が全く身近にないから外国でのそんな事件を聞くと どうして銃?どうやって銃を持って行けたの?と疑問がたくさん。それにしても可愛いケースですね たくさん種類があるなら揃えたい感じですね

ゆらり #- | URL | 2012/03/20 22:07 * edit *

ロマンチックな紙箱だこと!
さて、私もその事件には心痛めています。フランスは移民の多い国=宗教もさまざまでしょう。
その多様性を認め合わないと、生きてくことが難しいのにね。

全部嫌になってしまうけれど、Ïtoさんのような人がいることが救いなのです。

マエジマン #- | URL | 2012/03/21 16:19 * edit *

☆はっさくさん☆
この事件、日本の新聞やTVでも報道されていましたね。
今日のお昼に、立てこもっていた犯人が死亡するという形で事件は終わったのですが、なんだかしっくり来ないですね。
真相は結局藪の中です。


Ïto #- | URL | 2012/03/23 07:53 * edit *

☆ゆらりさん☆
私もきっと、「あ、なんか破裂した?」くらいにしか思わないと思います。だって、銃声なんて聞いたことないですものねぇ。
フランスは銃が規制・登録制になる以前から、流通や輸入が行われてきたので正確にどれだけのものが存在しているのかは誰にもわからないそうです。きちんと武器所持者リストに登録されているのは2007年以降らしいです。(って、めっちゃ最近じゃないですかー!)
フランスって銃社会っていう感じではないのですが、見えない部分で実は存在しているんだと実感しました。

Ïto #- | URL | 2012/03/23 08:03 * edit *

☆マエジマンさん☆
この事件は、あきらかにイスラエル・パレスチナ問題ですよね。宗教や人種の問題というのは本当に複雑で根深いのですね・・・。きっと本当はみんなわかっているはずだと思うのです。暴力や戦争で解決できることじゃないと。
国の問題と言うより、指導者の問題です。この犯人も大きな罪を犯してしまいましたが、23歳という若者を先導した影の指導者が必ずいるはずなのです。彼は捨て駒に過ぎなかったと思います。そういう意味では、彼も被害者なのですが。だけど許されることではありません。
今はただただ亡くなられた方のご冥福を祈るばかりです。

Ïto #- | URL | 2012/03/23 08:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。