Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

お手伝い 

pois1.jpg


モンテッソーリ的な観念で、楽しくっておかあさんの役にもたつ、そんなお仕事がこの豆の皮むき!

ちょうど春先はお豆が旬で、グリンピースやソラマメが出回っていました。

こどもは、この皮むきが大好き。とにかく、始まったら終わるまでもくもくと作業。

お兄ちゃんが豆の筋を取り、ぱかっと半分に割る。

妹が、もくもくと豆をつまんで取ってはボールに入れる。

二つボールを用意しておいて、こっちが豆ね、こっちがごみになるほうね、といっておくと間違えることなく作業が進みます。

意外と時間かかる豆の皮むきですから、お手伝いしてもらえると非常に助かるのです。

それに、いろんな発見もありますよ。

ソラマメのさやは、ふわふわしててベッドみたいとか、グリンピースにはくるくるした髭みたいなツルがついているとか・・・。

このあいだ買った豆はぷりぷりしてたけど、今日のはお豆がまだ大きくなっていないね・・・など話はつきません。

自分たちで準備したお豆はまた格別においしいらしく、嬉しそうに食べます。

楽しい経験は忘れないもので、買物に行くと皮をむきたいがために「お豆買おうよー。」

手先の運動、食育、集中力、こどもの仕事としてはバランスよくすばらしい。かつ、お手伝いにもなるなんて最高です。


pois2.jpg


集まったお豆の感触を、手のひらで楽しむ娘。大人でもやってみたくなりますよね。

とっても満足そうでした。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。