Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

シネマ!シネマ!シネマ! 

526663.jpg 531794.jpg 525943.jpg


映画が好きです。すごく好きです。

独身時代は、会社の地下がミニシアター系の映画館だったので足しげく通っていました。

休日もどちらかというと、まったりと映画鑑賞が至福のひと時。

そんな気ままな生活もこどもを授かってからは一転し、いつしか映画に出かけることもなくなりました。

しかし、こども達もだんだん大きくなってきたのでそろそろ大人の時間を楽しませていただきましょう。

主人も映画フリークなので、最近は交代で子守をしつつ映画館に足を運んでいます。

レイトショーは、21時や22時が始まり。こんな時間のお出かけはちょっと胸が高鳴りますね。

周りはみんな着飾ったカップルや自由な独身者。そんな中に身をおいているのが不思議な気分になります。

こどもがいない、大人だけの世界。


昔からある席数の少ない、でも音響は抜群にいい、街中にひっそりとたたずんでいる秘密の場所へ。

壁も座席も深紅のビロードで、画面下はテアトル風。

3Dはやりません!という、時代に流されない頑固ぶりいい。

ポップコーンやお菓子など、余計なものを売っていないところもいい。

従業員が、いちいちチケットをちぎってくれるのもいい。

さ、次は、何見に行こうかなぁ。



★左:今年度のパルムドール。映像が幻想的でした。50年代のアメリカのある家族の日常が、美しい色合いで表現されています。女優さんが、抜群にきれい!←理想の母親像でした。

★中:ベルリン映画祭、金熊賞。イラン映画です。現代イランの家族のありかたがテーマ。町の感じとか、インテリア、ファッションなどイランの日常が垣間見れます。(観光気分満載!あ、でも内容は重いです・・・・。)

★右:こちらはカンヌのグランプリ。少年のひと夏の成長が描かれています。つらいことがあり、喜びがあり、そうして人は成長していくのですよね。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。