Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

理科少年 

pierre.jpg


鉱物に触れる・・・・。

息子のコレクションです。いつしか、私もはまってしまいました。

色合いとか、手触りとか、雰囲気とか、ひとつずつ個性があって楽しいものです。

コレクションの始まりは、去年のキャンプ。

川原で金色に光る、凄くうすぺっらいナイフのような石を見つけました。

もともとそういう形なのか、長い間川の中で研磨されてそうなったのか・・・・。想像は膨らみます。

それ以来、鉱物に妙味が深々。コレクションを始めました。

毎週日曜日、鉱物を売っているおじさんのお店でひとつ選ぶ。

値段も1ユーロとか2ユーロなので、こちらもお財布の心配をしなくてすみます。(ほっ。)

おじさんは理科少年にはとても親切で、袋に石の名前と発掘地を書いて説明してくれます。

そして、1ユーロのお買物なのにおまけをつけてくれる。時には、サメの歯とか。

世界地図で、「ここで採れたんだね。」なんて話してると、ちょっとした旅行気分。

光に透かしてみたり、でこぼこした感触を楽しんでみたり遊び方は無限大。

週に一度のお楽しみ。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。