Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

お塩ができるまで 


DSC_0390.jpg


今夏、息子は3週間おじいちゃんとおばあちゃんにお世話になりました。

半分は、おじいちゃんとおばあちゃんのお家。

残りの半分は、地中海沿いに借りたサマーハウス。

従姉は遊んでくれるし、おじいちゃん、おばあちゃんにはた~っぷり甘やかしてもらえるし本当に楽しかったみたいです。

帰ってきた日には「さみしいよ・・・さみしいよ・・・・・」と泣きながら眠りにつきました。


DSC_0392.jpg


そのサマーハウスがある場所には、こんなふうにたくさんの沼があります。

すごく浅くて、とっても白っぽいのです。


DSC_0396.jpg


こんな風に、雪のような塊も。

そう、これはお塩。 ここで塩が採れるのです。

ただし私有地のため、勝手に塩を採ったり、塩の上を歩いたりしてはいけないそうです。

事前に知識を仕入れていた息子は、「おかあさん!塩を踏まないように写真を撮って! 味見したらだめ!」
と、うるさいこと。

ほんのちょーっとだけいただいてみると、(←息子にしかられました・・・・。)たしかに塩の味がしました。 精製されていない自然の味。

後で知ったのですが、塩を持ち帰ってもいい場所もあるそうです。 



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ











trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。