Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

運動会の二つの決め事 

DSC_1240.jpg


今日は日本語補習校の運動会でした。

みんな鉢巻まいて、頑張りましたよ。

フランスでは運動会のようなイベントがないので、毎年本当に盛り上がります。

騎馬戦って何? 障害物競走って何するの? こどもたちは興味津々。


私はというと毎年欠かさないことが二つ。

1つは、どんなに忙しくても疲れていても運動会の日のお弁当はきちんと作る。

年に1度こども達が楽しみにしている行事なので、運動会が終わった後の食事まで楽しんで欲しいのです。

漆のお重に色とりどりのおかずとおにぎりを詰め込んで、見た目にも鮮やかな行楽弁当を。

皆で交換し合ったり、お友達のお弁当を見せてもらうのも一つの楽しみですね。

余談ですがここぞというときにしか出ない3段のお重。空けた時にぷんと香る漆のにおいが私は好きです。

2つ目は、私も競技に参加するということ。

今年は父兄のリレーが参加制で行われたのですが、こども達の「おかあさん!走って!」コールに背中を押され走りました。お父さんがメインの競技の中、お母さんは私を含め2人のみ。

いつも「チャレンジすることが一番大切だよ。」と言ってるわけですから、まずは自分がお手本を見せないと。
最初の走者が頑張ってくれたおかげで、私たちのチームは1番になりました。

走り終わった後、こどもたちが「おかあさん頑張ったねー。1番やったね。」と声をかけてくれたときの誇らしげな顔。

気持ちだけが先走り、転びそうになったのですがやっぱり走ってよかったなぁ、と思いました。

息子も娘も本当によく頑張った一日だったのですが、帰宅してからも話題に上がるには私の話。

おかあさんが真剣に走る機会なんてそうないですから、それはものすごく印象に残ったのだと思います。

こどもたちの思い出の一部になれたこと、私も嬉しいです。


いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ







trackback: -- | 本文: 6 | edit

この記事に対するコメント:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/09/24 10:38 * edit *

こんにちは

運動会お疲れさまでした♪

私も昨日は地域の運動会で、
夫婦で二人三脚に出場してきました 笑

ほんとに足がもつれそうな中、なんとか一周走りましたよ~^^

来週は子どもたちの運動会です。
2週連続で9月は運動会三昧です!

日本では当たり前の行事ですが、
フランスには無いんですね。

日本語補習校に通う子どもさんたちは
フランスの文化と日本の文化に触れて育つことが
出来るなんて素敵です☆

maiko #74WU3Slc | URL | 2012/09/24 10:46 * edit *

漆のお重のおべんとう♡ 大きくなっても覚えてるでしょうね〜!
リレーに参加したり、大切にこどもさんに関わってる様子が素敵だなと思い、初めてコメントさせてもらいました。

ちか #LkZag.iM | URL | 2012/09/25 07:48 * edit *

☆鍵コメさん☆
はじめまして!私のブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪
運動会、機会があったら是非走ってみてください。こどもたちのお母さんを見る目が変わるかも!?(笑)
チャレンジすること、最後までやり遂げること、勝ち負けじゃなく自分の精一杯を出し切ること、こども達に伝えたいことを言葉ではなく、行動でやって見せることも時には大切ですよね。百聞は一見にしかずともいいますし。ちゃんと伝わったかなぁ~?

Ïto #- | URL | 2012/09/26 03:55 * edit *

☆maikoさん☆
気持ちははやるのですが足がついていかない!(笑)こどもの時、運動会で転ぶお母さんやお父さんが不思議でしたが(なぜ何もない運動場で転ぶ?と)今になってようやくわかる域に達してきました・・・・。
運動会だけでなく文化祭、授業参観などもありません。そう思うと、日本は親子で楽しめる行事がたくさんあっていいなぁ。
音楽祭や文化祭では日ごろ頑張っている成果も垣間見れますしね。

Ïto #- | URL | 2012/09/26 04:01 * edit *

☆ちかさん☆
はじめまして!コメントありがとうございます♪
私はどちらかというとリレーに出たりするタイプではないのですが、主人のおかげで変われた部分もあると思うのです。
私とは間逆で、何でも楽しみ何にでもチャレンジする人。それを長年見ていて感化されたのだと思います・・・・。
そしてこどもができ、「楽しい思い出を残してあげたい」と自然に思い始めました。かっこ悪くても、失敗しても、それを笑い飛ばせるようなユーモアと強さや、チャレンジすることの大切さ。それを伝えることが出来るのは、やっぱり学校の先生じゃなくて、身近な親だと思うのです。伝わってるといいんですけどね・・・・。

Ïto #- | URL | 2012/09/26 04:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。