Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

Halloween 2012 


DSC_0167.jpg


フランスではまったくと言うほど市民権を得てないハロウィン。

我が家にとっても普通の日でしかありません。

ところが今年は息子がどこからか情報を仕入れてき、おうちを飾り付けをしたいと言いました。

したいことは、したいときにするのが一番いい。

早速二人で色んな画像やイメージを見ながらハロウィンのイメージを膨らましました。

6歳児が製作するものですから、折り紙をベースに切ったり貼ったりくらいがちょうどいいと思いました。

小学生になり少し字も書けるようにようになったので「tric or treat!」のふきだしも。

あめを飾ったり、くもの巣を綿で作ったり。

おばけは糸でつるしてぶらぶらさせたい。 これは息子のアイディアです。


玄関のドアに貼り付けてみました。 

まだスペースがいっぱいあるということで、かぼちゃの馬車も製作中です。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ








trackback: -- | 本文: 6 | edit

この記事に対するコメント:

ハロウィン

そーなんですよね。 わが家でもわくわくしているのは自分ひとり。 カナダ留学をしていたこともあって、コスチュームを身にまとうのが好きで興奮したのに。 子どもができて英会話教室でコスチュームを縫って着てくれてた2年前の年長組まではよかったけれど、今やもう家族の誰一人として興味を示してくれる人がいなくて私はさみしい。 3日ほど前から、ひとりで窓ガラスにゼリーの飾りつけをしちゃうぞ!と企んではそのままです。e-351

息子くんはどこからハロウィンのことを聞いてきたのかしら? 素敵なかわいい折り紙ハロウィンですね。v-39

おきょん #ggM/C6x2 | URL | 2012/10/17 01:30 * edit *

はじめてコメントさせていただきます。

折り紙での飾り付けとっても可愛いですね。
センスの良さが溢れ出てます!

うちでも、ママ友とハロウィンパーティーの企画を練ってる最中です。
折り紙の飾り付け、ちょっと真似させてもらいたいです。
かぼちゃの馬車、完成したら見てみたいですv-22

ハグ #- | URL | 2012/10/19 14:04 * edit *

☆おきょんさん☆
こんにちは!お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。
我が家はハロウィンの飾り付けをしているものの、近所でかぼちゃを飾っている家など皆無なわけで・・・。逆に目立ちすぎてちょっと恥ずかしいくらいです!
息子がどこでハロウィンを仕入れてきたかはなぞなのですが、ありえるとしたら学校や友達でしょうね。
なぜかうちの主人はハロウィンに対しては否定的な人なので、今週末家に帰ってきたら卒倒しそうです!

Ïto #- | URL | 2012/10/22 20:45 * edit *

☆ハグさん☆
はじめまして!私のブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
折り紙の飾りつけは、本当に適当でお恥ずかしいのですが・・・・。息子と一緒に折ったり、貼ったり、描いたり・・・・。出来はどうであれ、そういう時間を共に過ごせる楽しさはありました。息子は仕上がりに大満足のようです!
お友達とハロウィンパーティーなんて、楽しそう!我が家も去年お友達と企画したのですが、最後にはなぜか「パンくい競争」になってしまいました!(笑)

Ïto #- | URL | 2012/10/22 21:01 * edit *

遅ればせながらのコメントですが^^;

“したいことは したいときにするのが一番いい”
というコトバがとても印象的で・・・。

ハロウィンパーティーをどうしてもしたいというムスメと
自分の仕事の関係で“あきらめてね” といってしまっていた私。

工夫すればできないこともないのですが
ちょっと反省。。。

習い事の記事のときといい いつもこちらのブログで 
大事なことを教えてもらっている気がしていますe-420

またお邪魔させてくださいね。


やまとわ #- | URL | 2012/10/24 09:20 * edit *

☆やまとわさん☆
お久しぶりです!お元気ですか?
遅ればせながらのコメントなんてとんでもない! 嬉しく拝見させていただきました♪
やまとわさんの暮らしぶりをブログでこっそり拝見させていただいておりますが、毎日がパーティーのような素敵な暮らしぶり!
特にお料理はため息が出るくらい素敵で、こんなお母さんをもったお子さん達がうらやましい!

大人の都合で、やってあげたいけどできないことっていうのはあると思います。
そんな中で私が心のどこかで基準にしているのは「それがこどもたちのためになるか?思い出に残るか?」ということです。
こどもの頃の記憶は意外と残るものです。
もし、やまとわさんにお時間の余裕があれば、娘さんのお願いをぜひ!
楽しかったハロウィンパーティーの思いでは娘さんの心にずっと残るはずです。そしていつか娘さんが家庭を持ったとき、お母さんの愛情と努力に感謝するはずです。

とえらそうなことを書いてしまいましたが...個人的にはやまとわさんのおうちのハロウィンパーティーがブログでUPされるのを期待している一人です♪

Ïto #- | URL | 2012/10/25 06:25 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。