Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

涙の訳 

DSC_0502.jpg


泣いてるこどもにファインダーを向けるのは少し気がひけるのですが、ぽろりぽろりと一粒づつ湧き出てくる涙があまりにも幻想的で・・・・。


DSC_0500.jpg


娘の涙の訳は・・・・。

「くもの巣」と呼ばれるロープが張り巡らされた遊具があるのですが、娘はその一番上まで一人で上りたいのです。

何度も挑戦しているのですが、その高さに途中で怖くなって泣いてしまうのです。

降りてくるときに、涙をぽろぽろこぼしながら私のところにきました。

ああ、最後まで上れなくて悔しくて泣いているんだなぁ、と思ったら

「もう、絶対に泣かないって決めたのに・・・・・、また泣いちゃった。」

と、言うではありませんか。

きっと、いつもとは違う気持ちで挑戦したのでしょうね。

なんだかその決意がかわいらしくて。


DSC_0494.jpg


そしてこの夏、やっと一人で登れるようになりました。

その晴れやかな笑顔は誇らしげに、そして真夏の太陽のように明るく輝いていました。

こども達は、こうしてひとつづつハードルを越えてて成長していくのですね。

一度ではうまくいかないことも、何度も挑戦することできっとクリアできる。

こどもたちに必要なことは、「きっと自分はできるんだ。」という強い意志。

親に必要なことは「きっとあなたはできるよ。」と信じ、温かい目で見守ってあげること。

これから先、親も子もたくさんの難関を越えて生きていかなければならないだろうけど、少し離れた場所からそっと見守り続けたいと思います。



いつも応援ありがとうございます!お帰りの祭には、ぜひ下の二つのアイコンをぽちっ♪とお願いいたします。


                        ブログランキング・にほんブログ村へ






















trackback: -- | 本文: 8 | edit

この記事に対するコメント:

日々、小さなチャレンジを重ねて大人になるために大切なことを学んでいっているんですね。

たまに、朝起きてきたとき、昨日より背が大きくなってる!?
って思いますが、、、
目に見えない心の方も、そんな日があるのかも知れませんね。

maiko #74WU3Slc | URL | 2012/10/14 22:06 * edit *

見守るって大切なことだと最近特に感じています…子供が1つ壁を越えることは大人にとっては容易いことでも子供にはそうでないことたくさんありますよね。かつては子供だった自分もそういう気持ちがたくさんあったはずなのに…私もお母さんはちゃんと見ているよ~見守っているよ~応援しているからね~の気持ちを我が子にきちんと伝えてあげられる母にならなくちゃとblogを読ませていただき感じました、ありがとうございます♪

toyo #Vfwq./E2 | URL | 2012/10/16 00:31 * edit *

☆maikoさん☆
昨日より背が大きくなってる!?のくだり、ほほえましいなぁと思いました♪私も明日の朝、ちょっと気にしてみて見ます。
なんでもできることが多くなってきて、親の手が必要でなくなるのは少し寂しい気もしますが、何か困難にぶつかったとき、そっと手を差し伸べてやることができるくらいの距離で見守っていきたいと思います。

Ïto #- | URL | 2012/10/16 04:14 * edit *

☆toyo.kさん☆
自分のこども時代を思い出すと、長女ということもあって甘えべたで親に助けを求めたり、応援を求めたりするのがヘタでした。でも、いつも褒めて欲しくって、向上心だけは強く、意外と何でもそつなくこなしていた思い出があります。そのときに、思いっきり褒めて欲しかった、ちゃんと見てるよと目を見て話して欲しかった。寂しかったんですよね。今になって親に愛情がなかったのではなく、愛情表現が下手で、また日々の生活でいっぱいいっぱいだったんだろうなぁ、と親になって初めて理解することができました。なので、こどもたちには「いつもちゃんと見守っているからね」というメッセージをきちんと伝えてあげたいのです。お互い頑張りましょうね♪

Ïto #- | URL | 2012/10/16 04:28 * edit *

涙の訳

 とても客観的な理由じゃないですか? いくつだったっけ?って思っちゃいました。 もうその時点で「上れるのは もうすぐなのでは?」と予測しちゃいそうですが、いじらしいですね。 本当に、見守って子どもの成長を子どもに任せるって難しいですね。

 自分もついつい二年生の長男に口ぞえしたくなりつつも、自分の行きたい方に決めなさい、と先日言えました。 最初はいやいや行っていたボーイスカウトの集まりも今年9月に入って上進し、「自分のことは自分でする」のモットーもあり、小学校の「地域の高齢者とミニボーリング大会」に行きたがっていたけれど、自分で「ボーイスカウトのハイキング」に行くことを決めてくれました。 自分でできることや我慢できることが増えていくにつれ嬉しさの反面、寂しさもこみ上げてきますね。 そういう時は褒めてあげるに尽きますが、なかなか。 i-230 もうすぐ2歳の妹にほっぺをつねられて、「いーだーいー」と涙をこぼす息子に「(仕返しせずに)えらかった!」と言ってあげるべきでした。

おきょん #ggM/C6x2 | URL | 2012/10/17 01:47 * edit *

素敵な写真ですね。うちの娘は泣いている時にカメラを向けると、怒り、こんな綺麗な泣き顔は絶対に撮れません!腕の問題もありますが・・・。

子供は本当に少しずつ色々な事に挑戦しますね。一度失敗しても、次には出来たり。その時の自慢げな顔は、こちらまで嬉しくなりますね!

caianina #JalddpaA | URL | 2012/10/20 04:32 * edit *

☆おきょんさん☆
娘はフランス語より日本語の方が上手なのですが、「泣かないと決めたのに、泣いてしまった。」と言った時、なんて詩的で日本人らしい表現なんだと思いました。
息子さんのお話、心温まるものがありますね!ミニボーリング大会とハイキング。どちらも甲乙つけがたい選択でしょうが、結果はどうであれ自分で考えて、自分で選択するということは大切ですよね。何かの本で読んだのですが、小さい頃から何かを選択することによって(たとえば、赤と青、どちらの服を着る?、りんごとバナナ、どっちを食べたい?など段階的にその選択は難しくなっていくのですが。)将来、自分の人生にイニシアチブをとりやすいという記事を読みました。

我が家も妹に仕返ししなかったり、優しくしてあげたときはどんなときよりも褒めることにしています。それでも、けんかがなくなるということはないのですが・・・・。

Ïto #- | URL | 2012/10/22 20:57 * edit *

☆caianinaさん☆
今回は「もう泣かないと決めたのに、泣いてしまった」と娘がいったので「それじゃぁ、これが最後の涙だから記念に写真撮らせてね。」といって撮りました。なので2枚目はちょっと笑ってるのです。写真はたくさんあっても、泣き顔の写真はほとんどないのでちょっとした記念になりました。
こどもたちにはいっぱいいろんなことにチャレンジしてもらいたいと思います。結果じゃなくて、その過程に意味があるんだよということを少しづつ学んでくれれば嬉しいです。

Ïto #- | URL | 2012/10/22 21:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。