Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ひとくち餃子 

raviole.jpg


先日、主人が料理の本を買ってきてくれました。

蒸し料理がメインの本で、どうやら餃子がかなり気になった様子です。

そういえば日本に住んでいたときも、主人はよく餃子を買ってたなぁ。

私がそんなに好きではないので作ることもないのですが、たまには主人の好きなものでも頑張って作ってみるか!という気になりました。

(本を買ってくるくらいなのですから、よほど食べたかったのでしょう。)

といいうわけで、えび蒸し餃子に挑戦。

半透明に皮に包まれたぷりぷりのえび。中にはセロリと葱を入れました。

粉をこねて、丸く型を抜いて、具を包む。

それだけなんですが単純作業で時間がかかるー。

餃子を作りながら思ったことは、これは友達とわいわいお喋りしながら作るものだな、と。

一人で具を包んでると悲しーい気分になってくるのです。(しかも包み方がへたくそ・・・・。)

最終、60個近くの餃子が完成。

蒸篭に入れて約6分。皮が半透明になったら出来上がり。

一口だから、ついつい何個でも口に入れてしまう。

時間をかけて作った割には、あっという間に売り切れました。

冬になったら、肉まんを作ってみたいです。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 2 | edit

この記事に対するコメント:

分かります!

初めまして♪
私も海外に住んでいるのでお気持ちわかります!主人も日本に帰るたびに帰国した日の夜は私の母に餃子を作ってとリクエストします。笑
餃子って手伝ってくれる友達やら家族が周りにいるといいけど、いないと一人で用意するのは手間隙かかりますよね。この前、アメリカ人達に作ってあげたら、すごく時間かかったのに一瞬でなくなりました。

Aya #- | URL | 2011/07/05 09:40 * edit *

☆AYA☆
コメントありがとうございます。
餃子(特に焼き餃子)はあまり好きではないのですが、主人はしょっちゅう買ってました。しかも、12個入って100円とか激安!家計に優しい人です。
餃子、仕込が大変。持ち回りで近所の主婦たちで手伝えたらどんなにいいだろう~って思いました。

Ïto #- | URL | 2011/07/05 16:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。