Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

胡桃バナナケーキ 

cake1.jpg


よくあるシチュエーションですが、かごの中で遠慮の塊のように最後まで残っていたバナナ。

案の定、黒く変色してきました。

1本しかないけど、これでバナナケーキを作ろう、と思い立った土曜日の朝。 できるかなぁ。

今日はちゃんとレシピを見て挑戦。

うっかり、型にバターを塗るのを忘れてしまい型からはずせない・・・・・。

だから、こんな写真になってしまいました。


cake2.jpg


バナナと一緒に入れた胡桃。

去年の秋におばさんから大量のBIO胡桃を分けてもらったんですが、私も主人も生の胡桃は苦手。

唯一、息子が消費してくれるのですがそんなぐらいじゃ到底減らない量だったのです。

なので全部割って、中身を出し、ローストしました。こうしておけば気軽に使えるお菓子の材料になります。

それにしても、バナナと胡桃は合いますね。

ケーキもちゃんとレシピどおりに作ったので、しっとりとしておいしかったです。

話は変わりますが、冬の寒い時に胡桃の殻を割る作業、とっても単純なんですがなんだか癒されます。

これで、暖炉などがあればなお良し。

こどもたちは胡桃の殻をお船に見立てたり、お皿に見立てたり。そんな話を横で聞いてるだけで嬉しくなります。

そういえば、この殻でピンクッションを作ったこともありました。




     モチベーションをあげるためにランキングに参加しています。ぽちっと、押していただけると嬉しいです♪

trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。