Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

とある午後の公園 

s1.jpg

学校が終わる夕方、毎日よって帰る公園があります。

少し森のようになっていて、探検家の気分。

たいがい同じクラスのお友達がいて、一緒に遊びます。

私は、こどもたちが自然の中で走り回ったり、探検したり、植物を観察したり、土を触って遊ぶのが好きです。

今だからこそできる、贅沢で貴重な経験です。なので、1日に必ず一回は外に出て体を動かす遊びを提案します。

遊びにオリジナリティーが加えられれば、なおよろしい。

こどもは、そのへんに転がっている石や、葉っぱをおもちゃに変える天才。

この日は、まつぼっくりを拾い、それを投げて取りに行くという遊びを延々と・・・・・。2歳の娘も参加し大喜びで待つぼっくりを追いかける!(←犬のようですね・・・・)

なぜか、このまつぼっくりは息子の友達の間で「マルチカラー」と呼ばれてました。マルチカラーからは程遠いのに。そういう発想が、おもしろい。

s2.jpg

いっぱい走って、ちょっと休憩。

森から、小さな木の枝を採ってきてひたすらその皮をはがしていく。

厚い皮を何枚も何枚もはがしたら、中からはみずみずしい緑の茎が出てきました。しっとりした樹液と一緒に。

目をきらきらさせて「わぁ~~~木のジュースがでてきたー!」と喜ぶ息子。

時間を忘れて、次から次へと木を採ってきては皮をめくる。自分が納得するまで何本も何本も。

これがモンテッソーリのいうところの集中現象なんだろうな。

毎日、たくさん、新しい発見があるといいね。



自然の中で体も心も大きくなあれ!







trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。