Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

色玉遊び 

T1.jpg


一生懸命な表情の娘ですが、いったい何をしているんでしょう?(ちなみに、私は横でロールケーキの製作中でした。)


T2.jpg


ボールの中に入れた色玉を、次から次へと壜の中に移すお仕事中です。最初は、私がケーキの泡立てをしているのを見て、見よう見真似でまねっこしていたのですが・・・。(色玉を泡だて器でがしゃがしゃまぜたり、すくったり。)

娘がすごく集中していたので、さらに違う遊びに変化できないかと考えてみました。


T3.jpg


小皿を出してみました。そして、おんなじ色に分けるんだよー、と説明するとそのまま作業に突入。
もくもくと、色玉を取り出しては、色分けする娘。お仕事モードに火がつきました!
(娘が静かに作業をしてくれたので、その間に私はロールケーキのスポンジをオーブンにいれるところまで完了!)

全部完了しては満足そうに眺め、その後一皿一皿を丁寧にボールに戻し、再度色分け。これを飽きるまで繰り返します。
今日は4回くらい、やっていたような。


T4.jpg


最後は、おままごとのカップでなんちゃってカフェ。



                             ぽちっと、応援お願いいたします♪


この色玉、穴が半分しかあいていないB品のビーズだったんですが、今、役に立ってます。











trackback: -- | 本文: 2 | edit

この記事に対するコメント:

いつも読ませていただいてるブログですが、今日、初めて「モンテッソーリなお仕事とお遊び」にある記事を全て読ませていただきました。(今までNEXTがあるのに気が付かず、古いのは読んでいませんでした。)

いや、いや、とても参考になります!!!!

娘が通っている歌のクラス(リトミック?)の先生がモンテッソーリ関係の本をたくさんお持ちで、お貸りして読んでからは私もモンテッソーリのファンになりました。その先生が「家でもできる!」とおっしゃってくださったので、家ではモンテッソーリ風の子育てをしたいと思って頑張っています。・・・が、私は子供を観察する力がなく、娘には申し訳ない、、、って感じです。

この頃の娘さんって、おいくつですか?うちの娘も半年前くらいに(1歳10ヶ月くらい?)同じようなことをさせてみたのですが、興味なかったようなのでやめました(涙)。「集中してたので違う遊びに発展させた」っていうのがすごいです。私はいつの自分のことで一杯いっぱいですから(汗)。

お子さん達、お母様の教育の賜物でしっかりモンテ流に育っていますね。素晴らしいです♪♪♪

椿すみれ #- | URL | 2013/02/07 14:19 * edit *

椿すみれさん::こんにちは!お返事が遅くなってしまってごめんなさい。かなり昔の記事までさかのぼって読んでくださったのですね。ありがとうございます。
この頃の娘は2歳1ヶ月ですね。
気をつけていたのは、最初にやるべきことを説明して、お手本を見せるということでした。(モンテッソーリのメソッドでは口で説明するのではなく、手の動きをしっかりと観察させます。)
我が家の場合は、そこに日本語教育もからませた自己流のメソッドなので(?)、口でも説明。それがいいのか悪いのかはわかりません...。
(色を分けるとかお皿の中に入れていく、玉をひとつづつつまむ、なんて日常会話では使わないのでここぞとばかりに!)
色んな教育方法がありますが、私は好きです、モンテッソーリ。
色玉で遊んでいた時期も春か昔に過ぎ去ってしまい、最近はお勉強したいそうです。
これは確実にお兄ちゃんの影響かなー。上の子がやっていることは自分もしたい!

まだまだかわいい時期ですよね、がんばってくださいね。

Ïto #- | URL | 2013/02/17 06:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。