Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

夢の玩具 

p4.jpg


子供の頃からの夢の玩具といえば、ままごとセットとドールハウスでした。

娘が産まれ、その夢はやっとかなうことになります。
私の親友3人が出産のお祝いとして、木のままごとセットと大量のお菓子をプレゼントしてくれたのです。
2歳をすぎ、すこしづつおままごとらしきこともできるようになってきたので、今が手渡す時期かな、と思い先日、箱から出してみました。
目をきらきらさせて、そろーっと手に乗せてみる娘。笑顔であふれています。

残念なのは、この大量のお菓子たちをしまう入れ物がないということ。すると、偶然にも先週のフリマーケットで感動的な出会いがあったのです。


p1.jpg


それが、これ。琺瑯のコーヒカップが入ったおままごとのピクニックセット。娘のお菓子セットを入れるのにぴったりな大きさ。


p2.jpg


さっそく、入れ替え。
ばらばらになりがちなフォークやスプーンを入れる小物袋も作ったり。(ちなみに主人の古いシャツのリメイクです。)


p3.jpg


こんな感じでおいしそうなお菓子がたくさんはいっています。(本当はバスケットがパンパンになるくらい、もっとたくさんあるんですよー。)


もともと入っていた、琺瑯のコーヒーカップたちは・・・・・。


p5.jpg


ままごとセットから抜け出し、生活の一部にとけこみましたとさ。



                             ぽちっと、応援お願いいたします♪


このままごとセットで一番遊んでるのは、実はわたしかも・・・・・






















trackback: -- | 本文: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。