Atelier Ïto

フランス生活、お針仕事、ときどき子育てモンテッソーリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

子育ての日々からパターンとサンプルの日々へ 

DSC_1045.jpg


もう何週間もパターンの製作をしています。


紙の上だけでは完成形がわからないので、必ずサンプルを作って確認。

着衣した状態でシルエットをチェックし、修正箇所をパターン上で修正。

何度も何度も、自分が納得できるまで作り直す。

自分が自信を持っていいと思えなければ、お客様にお届けできないから。

今が一番苦しいところ。

ここを超えられるように頑張ろう。


DSC_1053.jpg


サンプルの数々。 これ以外にも数え切れないくらい。

ネックの開き寸法と裏の始末を考え続けて、早2週間....。

表から見れば何も変わらないので、もはや裏の始末は自分のこだわりとしか言いようがないのですが...。



こども達の手も少しずつ離れ、自分を伸ばしていくことに重点をおきたい2014年。

日本語の勉強や習い事もあるので100パーセントとはいかないのですが、これからはこどもに使っていたエネルギーのパーセンテージをちょこっと自分のために移動させようと思っています。


息子は7歳。

親の手元を少し離れ、自分を取り巻く社会や友人との関係を築いていく時期。

思うようにならないことも悲しいことも、時には怖いこともあるだろうけど、そうして周りとのかかわり方を学んでいって欲しい。


娘は4歳

まだまだ小さく守ってあげなきゃいけない年齢だけど、お兄ちゃんを見てたくましく育っている。

私が手をかけてあげられない分、周りの人に助けられているなぁ。


こどもたちのためにも、やりきらないと。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

三人でおそろい 

DSC_0773.jpg


近所に住む私のお友達なんですが、数年前からパリのシュタイナー教師の養成校で勉強しており、ついにこの冬に教員過程を終了しました。

やれ製作だ、やれ論文だ、とすごく忙しくしている彼女でしたが、やりたいことを見つけてそれに打ち込んでいる姿はとても輝いていました。

もともと幼稚園の先生ということもあり、こどもに対する姿勢や接し方にはとても共感できる部分があり、また私生活でもとっても仲がよく、私のスイス生活は彼女のおかげで向上したといっても過言ではありません。


DSC_0770.jpg


そんな彼女が、2週間に1度うちの娘と、もう一人のお友達を誘って小さな小さな幼稚園を開催してくれています。

彼女の娘さんも入れて、合計3人。

毎回、趣向を凝らした季節の行事を取り入れ、お話をしたり、工作をしたり楽しい時間を過ごしているようです。

その中で、美味しい時間というのがあります。 みんなでお料理をして一緒に食べるそうです。

こんなに一生懸命してくれる彼女に私も何か協力できることがあったらなー、とずっと思っていたので、これだ!と思い3人の名前入りエプロンを製作しました。

エプロンの生地はフランスのコックさんがはくようなブルーのストライプ。 3人いたらどれが誰のかわからなくなってしまうのでお名前入りです。


DSC_0767.jpg


エプロンとおそろいのポシェットも作って、これだけで通園できるようにしました。

彼女達が大きくなったとき、すこしでも思い出に残っているといいな。

嬉しいことにお友達の一人はとっても気に入ってくれたようで、夜寝るときにお布団の中で一緒に寝てくれたそうです。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

猫の刺繍 


DSC_1042.jpg


娘の人生初の刺繍。

額に入れてると、うん、それなりに見えます。

これを明日、学校に持っていってみんなに見せるそうです。


実はクリスマス前、娘と一緒にスノードームを製作したのですが、それを学校に持って行くと言い出しました。

一生懸命作ったものを友達に見せたい娘の気持ちがわかる反面、壊れやすい私物を持ち込んで先生に手間を取らせるのは避けたい。

悩んでも仕方ないので、思い切って先生に尋ねてみると、

” 一生懸命何かを作ってみんなに見て欲しいなんて素晴らしいことですよ。是非持たせてあげてください。みんなに見せて、お話してもらいましょうね。” と。

私は、学校という集団生活の場に私物を持っていくことにすごく抵抗があったのですが、それはそういう環境で育ってきたからかもしれません。

ある一定のルールは必要だろうけど、でもそのルールを少し越えたところにもっと大事なことがあるな、と感じました。


明日、娘は誇らしい気持ちで作品を持って登校するでしょう。

この誇らしい気持ちというのが、自分自信を信じ、そして成長させる大きな要素となると思うのです。



                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

娘の刺繍 


DSC_1014.jpg


私が息子のジーパンの膝小僧に継ぎを当てたり、ぬいぐるみの破れたところを縫っていたりすると(我が家ではぬいぐるみの手術といいます!)娘はぴたーっと寄り添って見ています。

今日はついに、私もやりたい!と言い出しました。

いつになったら言い出すかなーと心待ちにしていたのですが、娘の中でその日が来たようです。

お針子デビューの娘には、


先が丸い刺繍針

太目の刺繍糸

刺繍枠と糸が通りやすい目が詰まりすぎていない麻


を用意しました。

絵柄は、猫がいいというので私が適当に描きました。(へたっぴです!)


糸の先はお団子に結ぶんだよ。

針の穴に通すときは、糸のさきっぽをちょっとなめると入りやすいよ。

糸が下に見えるときは下から上、上に見えるときは上から下に通すのがルールだよ。

針を通すときは、必ず針の根元の糸をつかんでおかないと糸がするっと抜けるよ。


当たり前のようにやってきたことを一から教えるってすごく根気がいる。

そして娘は、私にとって当たり前のことを聞きながら、学んでる。

間違えることもあるけど、そんなんことはたいしたことじゃない。 

大事なことはやらされるんじゃなくって、やってみたいっていうその気持ちだよね。



:::この後、目や鼻を刺していくのですが、以外や以外、初めてにしてはいい作品ができました。明日、紹介できるかな。



                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


trackback: -- | 本文: -- | edit

ウロコ柄? リボン柄? 


DSC_0998.jpg


フランスで買った大胆な模様の生地。

私はうろこっぽく見えたけど、こどもたちはリボンに見えるらしい。

黒×フューシャピンクで粋にきめる。 こういうはっきりとした色の組み合わせも都会っぽくて好き。


DSC_0995.jpg


ネックレスは娘作。

今年のクリスマスには、アクセサリーを作るキットをサンタクロースにお願いしていました。

色んな形のパーツがそろっていて、指輪やブレスレットも作れる。

パーツを差し込んで繋げるので、ビーズのように糸を通したら終わりでなく、また作り直せるのがいいところ。

偶然にも娘の通う学校にも同じものがあるらしいです。



                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



trackback: -- | 本文: -- | edit

Liberty: Wiltshire モデル着用 

DSC_0950 - Copie


撮影するにあたり、絶対に!お人形と一緒がいい、というので抱えています....。

(服が見えにくくてすいません!)

娘もこの春で5歳になります。初めてブログに登場したときはまだ2歳だったのに時が経つのは早いものです。

髪がすごく長くなりました。

生まれてからまだ一度も切ったことがなく、先のほうは金色の絹糸のように滑らか。 

そこがお気に入りなので絶対に切りたくないらしい。


DSC_0940.jpg


実は、このお人形が着ているお洋服、娘とおそろいなのです。

待ちきれなくて作ってしまいました!

大きいほうのお人形にはviolette(ヴィオレット)ちゃんという名前がついたのですが、小さいほうは娘本人らしい。

遊んでくれるかちょっと心配していたのですが、とても可愛がってくれているので見ている私も嬉しいです。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ








trackback: -- | 本文: -- | edit

初めてのLiberty 


DSC_0863.jpg


私にとって、初めてのリバティ。

クリスマス前にアメリカに住む友人がプレゼントしてくれました。

鮮やかな朱色の木の実。

とってもかわいくて、何に仕立てるかものすごく悩んだのですが、柄を生かすためにあえてシルエットはシンプルに。

デザインがシンプルになればなるほど、パターンのラインも生きてくる。

脇の開き具合、型にちょこんとのっかるような袖の形。 こどもの動きをさまたげないゆとり。

うん、納得いくものができた。


DSC_0864.jpg


昨年からお洋服の作り方や、販売の方法に色々考えています。

色んな選択がある中で、あえて避けていたリバティもありかな?と思えるようになってきました。

作ったお洋服を販売をするにあたり、いつも生地の問題がありました。必ずしも店舗で同じものが手に入るとは限らない。

でもリバティならその部分をクリアできるかも、という条件がそろってきたのです。

2014年のAtelier Ïtoでは、リバティの登場です。


あす天気がよければ、ひさしぶりに私の専属モデルさんに撮影をお願いしようかと思っています(笑)

実は今日もちょこっと試着してもらったのですが、本当にかわいい!

自信作です。


                      にほんブログ村 ハンドメイドブログへ






trackback: -- | 本文: -- | edit

モデルさんの募集 

DSC_1553.jpg



ご縁があって、スイスから葉山へお嫁入りした私のドレス。

ご注文をいただいた葉山のフォトグラファーmanaさんのお手元に届きました。

過去記事→世界に一枚のドレス:物語を繋いでいくお仕事

そしてmanaさんが撮ってくださった素敵なお写真はこちら...
ナミノオト

長い長い時間をかけて、やっとあるべき場所にたどり着くことができました。

私にとっても思い入れの強いドレスで、ご依頼されておきながら手放すのがつらくなったくらい...。

でも私の大好きなフォトグラファーさんだから、彼女の写す画が好きだから、きっと何倍も何倍も素敵に写してくださると信じています。

そしてたくさんの女の子達の夢であり続けるドレスでありますように。


DSC_1545.jpg


現在、manaさんのほうでこのドレスに初めて袖を通すシンデレラガールを探していらっしゃいます。

なんと!私のブログを見てくださっている方の中から是非シンデレラを探しましょうと提案してくださいました。

スケジュールや撮影場所、ドレスのサイズなどを考慮しますと、本当に見つかるのかどうかもわからないシンデレラ探しなのですが、このチャンスを生かせる方、是非ご応募を!


1、100~110cm前後の女の子(大き目の3歳、小さめの4歳)

2、葉山、鎌倉方面にお越しいただける方

3、日程は要相談


ご興味のある方はmanaさんに直接ご連絡くださいね。詳細の打ちあわせがございます。

→mana@kaimana-mele.com

かわいいシンデレラが見つかりますように....。
trackback: -- | 本文: 5 | edit

ワンピースの制作過程 

DSC_0032.jpg


この緑色が今の私の気分で、どういう風に使おうか色々と悩み中。

胸元にフリルを付けたり取ったり、レースを乗せてみたり....。おもいっきりデコラティブに仕上げるか?

または袖にフリルを持ってくるのも悪くないけど、そうすると胸元はシンプルなほうがいいな。


問題は花柄の生地はとっても薄くて柔らかだけど、緑の生地は張りがある。

二つの生地のバランスがあんまり良くないので、いかに軽やかに仕上げるかも問題なのです。

縫い方と裏の始末も考えつつ、夜な夜な検討中。

出来あがりはもう少し先だな....。


                 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



trackback: -- | 本文: 6 | edit

花冠::繋がるご縁の物語 

wreathai2.jpg


花冠。 

私の作る服に似合う、少女の柔らかな髪を美しく彩るそんなアクセサリー。

豪華さや作りこまれた華やかさはいらない。

野に咲く花を編んで作ったような華奢なもの。 

素朴だけど芸術的なもの。

色はファンタジーを感じさせるもの。



やっと、イメージするものを作ってくださる方に出会えました。

私のつたない説明で、120%満足するものを作ってくださる魔法の手。

そこから生まれるリースは、古い童話に出てきそうな、でも現代的に洗練された絶妙なアンバランス感。

たっぷり水を含んだ画用紙に、ぽとんぽとんと落とした絵の具がにじみながら広がっていくような、そんな色使い。

そのセンスに脱帽。



作ってくださったのはpoischicheさん。(今日のお写真はpoischicheさんの撮影です♪)

現在、minnne、creema、iichiなどの手作り販売サイトで活動なさっています。

poischicheさんのプロフィールはこちら→☆

作られるものはもちろん素敵なのですが、お人柄もお優しくそちらにも惚れ込んでしまいました。

サイトに掲載されているものはもちろん、オーダーメイドも受け付けてくださりますので特別な日の贈り物などにも。

ちなみに私がお願いしたこの花冠は、この夏、結婚式に参列する娘のものです。



繋がるご縁の物語。

実は、このお話にはpoischicheさんとの出会いに欠かせないもう一人の方が...

そのお話は、また今度。



                  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ








trackback: -- | 本文: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。